毎日がSunday!!

面白いモノ、役立つ情報を発信する愉快なブログ

ブログ歴1ヶ月ちょっとの俺が文量を増やせたやり方教えるよ

こんにちは!TAKAです。

 

この頃、ブログの文字数が増やすことが出来ました。

 

最初は1000文字いくことがやっとだったのに、今では2000〜3000文字近くまで簡単に書き上げることが出来ます。

 

それも文字数を気にしなくとも書きたいことを書いているだけで簡単に文字数が増えています。

 

僕がブログに慣れたのもあるかもしれませんが、コツさえ掴めれば誰でも簡単に文字数を増やせることが出来るとおもいます。

 

今回はその文字数を増やしたやり方を紹介したいと思います。

 

f:id:ta-ka000:20181012091358j:plain

 

 

僕のブログ歴

僕のブログ歴は8月27日にブログを更新したところから数えると1ヶ月半ぐらいです。

 

cospaaaadansi.hateblo.jp

 

 

それまではブログなんて今まで書いたことすら無かったし、文章を書くことなんてしてこなかったです。

 

1ヶ月前なんて1000文字書くことすらヒーヒー言いながら頑張って記事を書いていました

 

そんな僕でも1ヶ月以上ブログの更新を続けると、ブログを読んでくれる人がたくさん増えました。

 

僕のブログの読者になってくれる方やコメントを書いてくれる方も出てきたお陰で、ブログへのモチベーションは高まりました!

 

そしてつい最近になって気づいたことがありました。

 

それは文字数が何故か増えていました!

 

僕は文字数を気にしないスタイルで今までブログを更新していたにも関わらず、文字数を増やすことが出来ています!

 

cospaaaadansi.hateblo.jp

 

 

僕ってもしかしたらすごいのかもな〜(棒)

 

僕が実際にやったことは、ブログの書き方を変えただけで、あとは勝手に文字数が増えました。

 

別に文字数を気にして頑張ってた訳ではありません。

 

ただ普段通りに記事を書いていただけにも関わらず、文字数を増やすことが出来ました。

 

記事の書き方1つでここまで違うのかと思うぐらい書き上げるのが簡単になります。

 

記事を書き上げるのがしんどいブロガーや文字数がなかなか増やせないブロガーは、僕のやり方を参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

ブログ歴が浅い僕でも簡単に文字数が増やせるようになったので、コツさえ掴めれば誰でも文字数なんて増やせるようになります。

 

記事の文字数を1000文字から3000文字へ簡単に増したやり方

ブログのネタはストック

f:id:ta-ka000:20180830101300j:plain

まずブログで書けるようなネタが無ければ始まりません。

 

なので、ブログで書けるようネタを思いついたらメモ帳やはてなブログの下書きにどんどんメモしていってください

 

僕ははてなブログの下書きにどんどん書く予定のネタがストックされています。

 

ネタが多くて困ることは無いので、思いついたことはじゃんじゃん貯めていってください。

 

ただそのネタのストックから記事を書き上げていくかと言われるとそうでもないです。

 

その日の気分によってストックからではなく、思いついたばかりのネタを記事として書くこともあります。

 

自分が書きたいと思ったことから記事に書き上げていくことが1番です。

 

ブログを続ける上で何より大切なのが、書きたいと思うことです。

 

書きたいと思わないことを書いても、つまらない記事が完成するだけです。

 

そんなの自分もつまらないし、読んでくれる人もつまらないと思ってしまいます。

 

だからどんなにネタが新鮮でも、自分が書きたいと思うネタを優先して記事にするのが大切です!!

 

記事を書く手順

僕が普段記事を書く手順は下記ようにします。

 

  1. 記事にするネタを選ぶ。
  2. ネタからタイトルを決める。
  3. 目次となる見出しを考える。
  4. 見出しの重要性を考える。
  5. 見出しの優先順位を決める。
  6. 記事の構成を決める。
  7. 見出しに肉付けしていく。
  8. おかしなところがないかチェック
  9. 記事完成

 

記事を書く前に、記事の構成を考えることがとても重要です。

 

僕はどんな記事にしたいのかを先に考えておくと、とても書きやすいです。

 

何も考えずに書き始めていた1ヶ月前では、記事を書いている間にどんな記事にするかを並行して考えていました。

 

そのため記事書き始めた最初と最後で齟齬が生まれてしまい、まとめることが出来ず書き直すことが多かったです。

 

齟齬が生まれないように最初に記事の構成を考えることで、順序がしっかりした記事を書き上げることが出来るようになります。

 

記事を書く方法

f:id:ta-ka000:20180827100340j:plain

まっさらな状態から記事を書き上げるのはとても大変です。

 

僕も最初はまっさらな状態で記事を書き始めていたので、苦労しました。

 

前後の文でおかしなことになっていることなんてしょっちゅうありました。

 

なので最初に見出しを決めてしまいましょう。

 

その見出しに肉付けしていくつもりで文章を書いていくことがとても大切です。

 

見出しは小さなタイトルです。

 

最初から大きいタイトルに対して書こうとしても、書きたいことをドンドン書いてもまとまりがなくなってしまいます。

 

そこで小さなタイトルである見出しに対して文章を付け足していくことでまとまりのある文章が出来上がります。

 

ブログの記事は小さな記事がたくさんついたものだと考えてコンパクトにまとめていきましょう。

 

また文章自体もコンパクトにする必要があります。

 

一個の文は短くまとめていきましょう。

 

長い文は、スピード感に欠けるのと読みづらいです。

 

文が切れるところは、ドンドン切って短い文をたくさん作りましょう。

 

そうすることで読みやすくてスピード感がある記事が出来上がるはずです。

 

記事の構造の考え方

僕が記事を書く上で最も重要にしているのが見出しです。

 

見出しは記事の骨組みです。

 

面白い記事になるかは見出し次第と言っていいと思います。

 

僕は最初に見出しになりそうなネタを候補として何個もメモしていきます。

 

その見出しに出来そうなネタのランク付けをしていきます。

 

このネタは重要かどうかを決めて取捨選択をしていきましょう。

 

どうでもいい事や記事の内容がブレそうなら見出しにするのは諦めます。

 

また見出しが重複しているものは、ドンドン合体させてまとめてしまいます。

 

見出しにするネタを決めたらその見出しに対して優先順位を決めてしまいましょう。

 

優先順位を決めることで文章の盛り上がるところを決めることが出来ます。

 

自分はここに力を入れて記事を書くんだと決めることで、記事にオリジナル性を出すことが出来ます。

 

似たような内容の記事があっても、人それぞれ重要だと感じる場所は違います。

 

例えば、野球の完封試合の記事を書いたとします。

 

その記事は注目する場所によって内容は大きく変わってしまいます。

 

ピッチャーに注目するのか

打者に注目するのか

監督の采配に注目するのか

守備について注目するのか

...etc

 

それぞれ注目の場所が違うだけで内容は大きく変わるでしょう。

 

ネットには似たような記事がゴロゴロとあります。

 

その中で自分のブログが読まれるようになるには、オリジナル性を出さなければなりません。

 

その為、骨組みを作り盛り上がる箇所を決めて文章を組み立てていきましょう。

 

最後に

ブログを書くことで大切なのは完読されることです。

 

どれだけ文字数を書いても読まれなければ意味がないです。

 

ダラダラ文字数を稼ぐのではなく、記事の骨組みを作り組み立てることで読まれやすい記事になります。

 

そして今回僕が書いた文字数は3000文字以上です。

 

特別に頑張って書いた訳ではなく、ただ書きたい情報を書いただけです。

 

それだけで3000文字以上になってしまいました。

 

書き方を工夫するだけで、文字数なんて気にしなくても良くなります。

 

僕が参考にしたのは新しい文章力の教室という本です。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

この本は記事を書く上で重要なことを教えてくれます。

 

僕もまだまだ勉強中ですが、この本のおかげで一気にレベルアップした気がします!

 

ブログ歴1ヶ月半でここまで書けるようになったのはこの本のおかげでと言ってもいいかもしれません。

 

僕が1ヶ月前ぐらいに書いた記事を見ると全然ダメダメです。

 

その記事とつい最近書いている記事を見比べると一目瞭然だと思います(笑)

 

僕の過去の記事と見比べて、僕がどれだけ変わったか分かると思います。

 

記事を書くやり方を変えるだけで、記事の質が変わるので是非試してみて下さい。

 

cospaaaadansi.hateblo.jp

cospaaaadansi.hateblo.jp

cospaaaadansi.hateblo.jp