毎日がSunday!!

面白いモノ、ゲーム、漫画を紹介しようかな

週刊少年ジャンプ2020年32号の感想【呪術廻戦・チェンソーマン・アクタージュ】

 週刊少年ジャンプ2020年32号を読んだ感想。アクタージュと呪術廻戦とチェンソーマンの3作品だけをピックアップ。

 ハイキューは次回で最終回みたいだね。それも今回巻頭カラーで次回Cカラーっだし凄すぎ。俺が学生だった頃の連載作品がほとんどなくなってしまってちょっと悲しいわ。

週刊少年ジャンプ2020年32号 感想

 今週もワンピース休載かよ~。ワンピースの休載多い気がするんですけど... ワンピースは書き込み量多いから、休載されると内容あやふやになっちゃうんよね。ほんま残念や。

 そういや僕とロボコ第2話も結構スレスレなネタ使ってて面白かったわ。パクリゲーの鬼殺の剣とか知らんかったらスルーするレベルだろ。結構攻めてるネタあってインパクトあるわ。

呪術廻戦 第114話 渋谷事変㉜

 伏黒 恵は対峙した敵が父だってきづくんだろうか...めちゃくちゃ気になるやん。でも握力弱男に後ろから刺されてもうた。あれ握力弱男ってナナミン(七海 建人)にボロボロにやられてなかったけ。握力弱男は復活系の術式もってるのかな。持ってたら厄介そうだよな~でも...

 今両面宿儺が渋谷に降臨してますよ。あなた死亡フラグ踏んでますよ

って伝えてーわ。握力弱男のすぐやられる小物感が大変すき。はよやられろ。

 日下部 篤也が予想外にダメ男でびっくりした。まあ面白い設定だし俺的にはアリよりのアリだけど。打算的な考え方して強いやつとは戦いたくないって人間味あって良いと思う。それに冥冥が日下部 篤也のことを「術式無しで1級まで上り詰めた」と言っていたから、相当強いんでしょ。

 日下部 篤也の戦いを見たらギャップにやられそうだわ。日下部 篤也の戦ってる姿みたいね。

 てか次の話で両面宿儺のバトルが見れるのかな?それが一番楽しみだわ。漏瑚は毎回強いヤツと戦う宿命なのかな。強いのにネタキャラって面白すぎやろw

チェンソーマン 第77話 チャイムチャイムチャイム

 とてもじゃないが平常心で読むことが出来ない。デンジやパワーのセリフや表情、部屋の描写、その全てが読者の心を揺さぶってくる。なんていうか無意識的に主人公のデンジに感情移入してしまうような話だった。きっとチェンソーマンを読んだことのない人でも印象に残る話なんじゃないかな~。

 特に印象的だったのは、パワーが

「な!アキじゃろ!?」

って言う次のページのデンジの顔。それまでのデンジは冷や汗かいてたのに、その瞬間だけ冷や汗が引いてる。きっとデンジも何かを察したんじゃないかな。

 読者的にも、それまでは不穏な空気感が出てただけで確定してたわけじゃなかったけど、そのデンジの顔を見たら覚悟決まったね。ここまでの静けさはホラー映画の化け物が出てくる前の静けさに似ていてとても恐ろしかった。

 それにドアの向こうに、銃の悪魔になってる早川 アキがいるっていう未来が読めた人たくさんいたと思う。読者が未来の悪魔になった瞬間だった。普通なら展開が読める作品ってつまらないけど、この話はねっとりと丁寧に描写して読者に展開を読ませてるんだと感じた。だってそのほうがワクワクするし続きが気になる。そして未来最高ー!って言ってしまうw

 今の俺はデンジとパワーの曇った顔を見たくないのに見てみたいって感情になってる。来週まで待つのがつらい

アクタージュ Scene120. 共同生活

 鳴乃 皐月がアクタージュ2の主人公かなって思っちゃうぐらい主人公してた。やっぱり鳴乃 皐月はスターズに所属する子役だからか才能があったよね。夜凪 景に上手って思わせるあたりに地力を感じる。順当に行けば、鳴乃 皐月は第二の天使にもなってたかもしれん。まあそんな鳴乃 皐月をも曇らせるのが夜凪 景なんだけどね。

  鳴乃 皐月が圧倒的才能を目撃するのは、ちょっと早いと思うの。鳴乃 皐月はまだ子供なんだから、夜凪 景なんて知らなくてもいいじゃんかって思っちゃう。 でも鳴乃 皐月が最後のページで啖呵きるところは格好良かった。どれだけ幼くても勝負の世界で生きてる人間だって分かるしすっごくグッときた。

 まあそのあとの夜凪 景の

「そうよね」

はスパルタ感半端ないから、俺なら尻込みしちゃうわw

 夜凪 景も今までは教えられる立場だったけど、教える側に回るのは初めてだし見どころだね。今の所スパルタなイメージしか沸かないけどw

 夜凪 景と鳴乃 皐月はたくさん出番あるけど、環蓮が未だに動かないのは不穏だ。二人の保護者のような描写に見えるけど、二人を観察してるようにも見える。後出しジャンケンではないけれど、あとから強烈な仕掛けがありそうだ。とっても楽しみだけど、夜凪 景にとっては難しい勝負になりそうだね。

関連記事

週刊少年ジャンプ2020年31号の感想【アクタージュ・呪術廻戦・チェンソーマン】

【電子書籍】『アクタージュ act-age 12巻』を読んだ感想【ネタバレあり】

【電子書籍】『鬼滅の刃 21巻』を読んだ感想【ネタバレあり】