毎日Sunday!!

ゲーム、漫画、なろう小説の紹介ブログ

呪術廻戦 142話 ネタバレ 感想 【お兄ちゃんの背中】

 週刊少年ジャンプ連載の呪術廻戦 142話【お兄ちゃんの背中】を読んだ感想

前回の話

呪術廻戦 141話 ネタバレ 感想 【うしろのしょうめん】 - 毎日がSunday!!

あらすじ

「兄さ。10人兄弟のさ」

 赫鱗躍動・載を発動した脹相は、禅院直哉の速さに対抗するため、赫鱗躍動・載の能力を外眼筋に集中させ動体視力を底上げする。

 禅院直哉も脹相が目で追えていることに気づき、カウンター前提の動きに切り替える。脹相の下から突き上げる掌底に対して、禅院直哉は下に潜り込み脹相の腹部に追撃する。

「内緒やで。術師が得物を持ち歩くのぶっちゃけダサいから」

 禅院直哉は脹相の懐に忍び込んだ一瞬に、得物を取り出し脹相の腹部を切りつけていた。しかし禅院直哉は得物を使うことを禁忌していた。

 禅院直哉は兄たちが刀を持っていることを恥ずべきだと考え、出来の悪い兄たちの存在を疎んでいる。

「それでも弟の前を歩き続けなければならん。だからは俺は強いんだ」

 脹相は禅院直哉とは違い、兄は弟を強くするための存在だと信じている。脹相は出血している腹部の血に呪力を混ぜ大量の血を作り出し、範囲攻撃を繰り出す。

 禅院直哉は、脹相のことを純粋な人間だと思っている為、大量の失血に疑問を持つ。そして血の波に襲われ脹相を見失ってしまう。

「後はわかるな。詰みだ」

 脹相は超新星を繰り出し、禅院直哉を倒した。

「辛そうですね。直哉さん」

 虎杖を引きずってきた乙骨が、脹相を吹き飛ばす。

感想

 脹相vs 禅院直哉の対決に決着がついたが、脹相のことについて情報不足だった禅院直哉が負けたのは仕方ない。脹相のことを少しでも知っていたら、禅院直哉も勝てるかもしれんし、禅院直哉の格が落ちるってことはないオチで良い勝負だった。

脹相の兄理論

 脹相vs 禅院直哉は加茂の術式と禅院の術式、兄と弟の戦いでもあったから、とても見応えがあった。その中で脹相の兄弟論と禅院直哉の兄弟論がぶつかり合ったところが良かった。

 脹相はこれまでも兄だから弟は守ると言い続けてきたからこその、脹相の考え方を知れて面白かった。弟の前を歩き続けることの大変さを知っている脹相だからこそ、禅院直哉の考え方を否定するって流れは格好良かった。

赫鱗躍動・載や超新星

 脹相の術式は呪霊と人間のミックスだからこそのアドバンテージがあって強いね。失血を気にしない強さは、赤血操術の完成形だ。

 赫鱗躍動・載は身体能力を上げる能力だと思っていたけど、今回のように視力など一部の能力を底上げ出来るみたいで使い勝手良すぎだろ。これも術式の解釈を広げた結果なのかもしれない。

 超新星も脹相のオリジナル技ってことが開示されたけど、これは封印されている時に編み出した技ってことでいいのかな?それだったら封印されている五条悟も新たな能力を編み出して復活するかも知れないと思うと高まるわ。

 超新星は百歛 穿血の解釈を広げて編み出した技なのかな?予備動作は似たようなものだし。

 今回の超新星は羽みたいなのが描かれていて格好良かったわ。

禅院直哉について

 禅院直哉は戦い方とか格好良かったわ。結構魅力的なキャラだから、ここで退場して欲しくない。脹相の血には毒が混じってるから、乙骨の反転術式でも厳しいかな。

 でも得物を使うことにダサいと感じながら使っているところは三下感あると思うけどな。兄のことをダサいダサいと言いながら、自分も同じように得物を使う。それも得物を隠しながら使うって、禅院直哉君の方がダサく感じるよ。笑

 スピードタイプは噛ませキャラになるのは仕方ないな...笑

最後に

 お兄ちゃんの背中っていうタイトルで兄弟について語る脹相。その脹相の後ろに乙骨が立っているってタイトル洒落とるな〜

最新コミック・ラノベを無料で読む方法※悪用厳禁

U-NEXT(ユーネクスト)で無料期間のポイントを使って、好きな最新コミック・書籍の購入読んじゃおう!!

1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!

   一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

 2 600円分のポイントプレゼント!

   ポイントを使って、DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新映画、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

 3 追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題!

最新コミック・ライトノベルも無料で読む