毎日Sunday!!

ゲーム、漫画、なろう小説の紹介ブログ

【オススメなろう小説】主人公の過去が気になる『相手の欲しい言葉が分かる程度の能力(仮)』

相手の欲しい言葉が分かる程度の能力(仮)

作者:クロッチ

URL:https://ncode.syosetu.com/n8258fm/

あらすじ

転生者カール・ベルンシュタインは冒険者として大成し、 歴史に名を残すことを夢見る十五歳の少年である

だが、成人の日に行われた能力ガチャで望みのものを引けず夢を断念 もう一つの夢であった酒場の店主を目指すことになる

――――それが運命の分岐点であった

その道を選んだがために やべー皇女を(恋愛的な意味で)撃墜したり、 神と戦うことになったり、 征夷大将軍になったり、 果ては世界を……したりすることを、彼はまだ知らない

※主人公は割りと変態です。苦手な方はご注意ください

※タイトルは仮のものなので良いの思いついたら変えます

コメント

 まずこの作品を読む上で注意しないといけないのは、ヒロインたちとのイチャイチャとバトルパートが過激すぎなところ。それが大丈夫ならオススメしたい作品。作品名とストーリーは結構ギャップがあってびっくりするかもしれないけど、この作品が面白いのは間違いない。

 主人公の能力はタイトル名に嘘偽りなく『相手の欲しい言葉が分かる能力』なのだけど、作品内で主人公の戦闘能力はトップクラスに強い。俺tueeeなのよ。主人公のバトルスタイルが格好良くて好き。まあ徐々に過激になっていくわけだけど...笑

 ヒロイン達も魅力的で可愛いのがいい。でも登場初期のヒロインたちには心に闇な部分を抱えている。けれど、それは主人公の能力で解決してくれるだろうという安心感もあってストレスもなく読める。というか早く解決してやれって思いながら読んじゃうね。

 まあ主人公がヒロインを助けると、ヒロインたちは主人公に依存しちゃうんだけどね!それからはどのヒロインも印象が強すぎるけど、俺的には1人目の初めてはびっくりした。笑

 ストーリーも進むにつれてバトルパートが増えてくるし主人公の隠された部分が見えてくるなど面白さも加速していく。