毎日Sunday!!

ゲーム、漫画、なろう小説の紹介ブログ

【感想・考察】ラノベ『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 4巻』ネタバレあり

 2021年2月25日に発売された『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 4巻』を読んだので、その感想と考察を書いていく。(ネタバレ含む)

 正直、みんな的に4巻はどうだった…?

 俺的にはうーんってところ多すぎると思った。まあ期待値が高すぎたってのもあるけどね。

あらすじ

2週間のサバイバル試験も後半戦。1年生、2年生、3年生、月城理事長代理、様々な人の意志が常夏の無人島で交錯する。

「私は退学を恐れません。綾小路先輩を守るためであれば、何でもするつもりです」

「だから、あたしの許可なく勝手に潰されてないで下さいね」

「もしもの時はそうだな……力づくで乗り切ることにしよう」

「高円寺を封じ込める指揮は俺が取る」

「やれやれ、騒がしいねぇ。それじゃあ、少しだけペースを上げさせてもらおうかな」

「わ、私、どうしても綾小路くんに伝えなきゃいけないことがあって!」

全学年、全生徒、総力戦の無人島サバイバル試験、ついに決着!

全体の感想

 まず俺が4巻に期待していたのは綾小路清隆が無人島サバイバル編の上位陣に何かしらカウンターを放つことだったわけだけど、それがなくて残念だった。例えば、綾小路清隆が単独1位になったり2年生が上位独占とかそれくらいして欲しかったのだけど、そんな展開なかったね…

 3巻4巻で無人島サバイバル編を描いてきたんだから、何かしら期待を超える展開があっても良かったんじゃないのか?と思ったんだが期待し過ぎたかな。

 あと3年の南雲は小物臭い小物臭いと思ってたけど、本当に小物で肩透かしだろ。いやー今回ぐらいは3年の鬼龍院楓花の役回りを南雲に渡せば良かったんじゃないのか。南雲の株は下がる一方ですよ。この作者の前作品の敵キャラみたいじゃねーか…

 俺的には、綾小路清隆が一騎討ちで南雲を倒す展開を期待していただけに、殴り合いもしなくて決着って雑すぎると思う。南雲は結構面白いキャラだったけど、南雲が次から何か喚いても不快なキャラに成り下がりそうで不憫だわ。

 まあでも悪いところばっかりじゃなくて、2年生組が結託してたところはワクワクしたし、綾小路清隆が一貫して作戦通りに動いている感じが格好良かった。それに久しぶりに堀北の活躍が見れて満足だった。

 てか月城のジャージ姿のイラスト入らんかったやろ。迫力あるシーンのはずなのにギャグにしか見えんw

天沢一夏の謎

 4巻では天沢一夏がホワイトルーム生だと判明した。そして天沢一夏の独白にて綾小路清隆を崇拝している描写がある。まあこのあたりは、1年ズの中でも天沢一夏は綾小路清隆に対して一番距離が近かったから、綾小路清隆の過去を知る人物だろうな程度には疑ってたからさほど驚かんね。

 まあでもホワイトルーム生が2人もおるかもしれんってなってくる展開はびっくり。綾小路清隆に1VS1は無謀だし良い感じなんじゃない?ワクワクする展開で好きだわ。

 あと他に3巻の最後は天沢一夏ではなさそうだったね。3巻の最後のイラストでは木の棒を右手に持っているにも関わらず、わざわざ天沢一夏は左手で木の棒を持っていることを描いている。それに天沢一夏の他にも人がいた描写があるし、別人の線が濃厚だね。ちなみに天沢一夏が右手に腕時計をしているイラストがあるから、ほぼほぼ天沢一夏は左利き。

もう一人のホワイトルーム生

 1年生の中で一番怪しい動きをしているのは八神拓也と宇都宮陸。まずこの一人は腕時計を壊している共通点がある。だからこの二人にはGPSに存在しない時間帯があったわけだから、崖から2年を突き落とした犯人候補になる。

 宇都宮陸は椿以外とトランシーバーで連絡のやりとりをしている。その相手は今の所不明だが、椿の作戦を知っていて尚且つ不満があった人物で、同級生にも関わらず丁寧な言葉を使う人物であることまでわかる。(宇都宮陸が敬語を使おうとしてないことから同級生だと推測)

 そうなってくると一番怪しいのは八神拓也。

 八神拓也の特徴して字が綺麗なことと櫛田と知り合いなこと。まず字が綺麗な描写があることから、4巻で堀北に手紙を描いた人物が八神拓也である可能性が出てくる。まあなぜ堀北に手紙を書いたかは不明だけども。

 ただ八神拓也がホワイトルーム生であるならなぜ櫛田と知り合いなのかってところがネックになってくる。ここは1巻を読み直せばわかるけど、八神拓也が本当に櫛田と本当に知り合いなのかは甚だ疑問。彼は最初に「櫛田さんですよね?」って確認作業をしているし櫛田もすぐに八神拓也が八神拓也であることに気づいていない。まあ別人の可能性あるよね。

 でも未だ登場してないキャラって可能性もなきにしもあらず。まあ正直後輩よりも転校生として刺客が来た方が既存のキャラも活躍できて良かったんじゃないのかって読んでいて思うわ。

無人島サバイバル試験結果発表

 南雲がみんなに希望を与えなきゃとか舐めプしてたせいで、南雲さん2位になってしまってたよ。もう南雲はしゃべるな状態入ったわ。安全圏でニヒルと不敵に笑ってるだけで格が保ててたはずなのに最悪な結果だな。彼は何のために今まで強キャラ感出していたんだ。笑

 1位は勿論、綾小路って言いたいけど、今回は高円寺。1年に追われた綾小路と3年に囲まれても1位を取った高円寺って考えると高円寺は強キャラだね。もしかしたら高円寺一族のせいでホワイトルームができたのかもしれんね。綾小路パパが高円寺一族(本物の天才)に嫉妬して作られたのがホワイトルームみたいなのありそう。

まとめ

 俺が思っていた展開と違うから物足りなかったけど、まあ振り返ってみれば面白かったかな。ホワイトルーム生の謎と高円寺ってキャラの謎が深まったところが良かったね。それにしても綾小路はいつまで力を隠すのか。その辺が気になるばかり。

ネット小説だけじゃなくラノベも面白い

 お金がかかっちゃうけど、KADOKAWAの配信する電子書籍10,000点以上が読める、小説、実用、新書、ライトノベルの定額制読み放題サービスがめちゃくちゃ便利。読み放題の中には『Re:ゼロから始める異世界生活』、『この素晴らしい世界に祝福を!』などのネット小説から書籍化された作品から『涼宮ハルヒシリーズ』や『七つの魔剣が支配する』などのラノベ作品までも一部対象になっている。

 月額760円(税抜)だから、自分の読みたい作品を1、2冊読めば元が取れちゃうのも良い!!気に入った作品が見つかれば続きを買うも良し、読みたい作品がなくなれば退会しちゃえば良いのも気楽。

 俺的には『さよならピアノソナタ』がイチオシかな。5巻全てが読み放題にもなってるところもポイント高し。でも『七つの魔剣が支配する』や『86―エイティシックス―』とか読んだことない人ならお試しで読んでもハマるかも!

BOOK☆WALKER「角川文庫・ラノベ読み放題」サービス