毎日がSunday!!

面白いモノ、ゲーム、漫画を紹介しようかな

【コミック】終末のワルキューレが面白いからオススメ&感想

 『終末のワルキューレ』って漫画がめちゃくちゃ面白い。神vs人類でタイマン勝負するラグナロクバトル漫画。それも過去最強クラスの人間vs神だからこそ、アツいバトルばかり。

 「このマンガがすごい!2019」オトコ編 第5位 「第2回マンガ新聞大賞」第7位 「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」第5位とジワジワ伸びてきてる『終末のワルキューレ』に俺もハマってしまった一人だ。

『終末のワルキューレ』のあらすじ

終末のワルキューレを無料で読む

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

終末のワルキューレ (1) より抜粋

『終末のワルキューレ』の面白いポイント

1 神と人類によるタイマン

 『終末のワルキューレ』の題材である神vs人類ってところが面白すぎる。一見、人類が不利なんじゃないのかって思わせるように話は進んでいくが、人類側の偉人たちが神との圧倒的な差を埋めて名勝負を生んでいる。

 それも神と人類のタイマンだからこそ横槍は入らない。純粋な力と技の勝負が描かれているからこそ燃えたぎるようなアツいバトルが読めて最高!!

2 有名な武人、偉人、神

 誰でもが知ってるような有名な武人や偉人、神が出てくるからワクワクする。それも有名な神vs有名な武人、偉人だからこそ、どっちに勝負が転ぶか楽しみになる。

 漫画的には人類側が勝って欲しいけれど、どの登場人物も魅力的過ぎて偏って応援できん。『終末のワルキューレ』の1巻だと、北欧神話に登場するトールvs中華の武人・呂布。その月は全知全能神ゼウスvs全人類の父アダムだったりとどんなバトルになるのか予想だにしない戦いばかり。

 それに登場人物たちにはそれぞれ必殺技があって、それが格好いいだよ。一撃必殺の技だからこそ、神と人類の必殺技がぶつかり合ったらどうなるのか見ものだ。

3 登場人物たちのバックボーン

 戦いの中で語られる登場人物たちの過去が描かれているからこそ、登場人物たちを好きになるし応援もしたくなる。

 例えば、1巻で登場するトールと呂布は両者とも生まれながらにして最強という設定だった。それがバトルの最中に、どんな人物でどんな過去があるのかが明かされるから、両者とも最強だと納得できてからの...ならどっちが強いんだ??ってワクワクしちゃう。

『終末のワルキューレ』の感想

 こっからはネタバレありの感想だから注意。

 俺が一番好きなバトルはギリシャ神話のポセイドンvs天下無双の佐々木小次郎。圧倒的な神ポセイドンとの差を客席からの応援に応えて佐々木小次郎が覚醒するところが好き。

 ポセイドンも腕が切られようとも、最後まで自身の勝ちを疑ってない強者っぷりが格好いいし、決着の瞬間が迫力が凄くて良い。マジで熱くなるバトルシーン。それも決着の瞬間は息もつかせないような一瞬だった。動きを追えるようなコマ割りのおかげで、佐々木小次郎とポセイドンが動いているように感じた。

 勿論、他のバトルもワクワクするようなものばかりで好き。ただ5巻から7巻まで続いたヘラクレスvsジャック・ザ・リッパーの戦いは長すぎるかな。面白いバトルだったけど、ジャック・ザ・リッパーが他の人類側の偉人より魅力がなかったな。ジャック・ザ・リッパーが正々堂々と戦うタイプってわけじゃなかったから仕方ないけども...

 まあ決着の瞬間は良かったけどね。

『終末のワルキューレ』を無料で読む

 まずはU-NEXTの無料トライアルに参加する。U-NEXTの場合、初回31日間無料なのに600円分のポイントが貰えるから、このポイントを使って漫画を一冊タダで読めちゃいます。

 U-NEXTが気に入ったら加入すればいいし気に入らなかったら、初回月で解約しちゃってOK。U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスだから、映画を見るも良し、電子書籍も読んでよし!

 ちなみに漫画の購入は豊富最大40%還元もあって上手くやりくりすれば、超お得になる。