毎日Sunday!!

ゲーム、漫画、なろう小説の紹介ブログ

【感想】書籍版『嘆きの亡霊は引退したい ~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~ 6 』ネタバレあり

2021年2月27日に発売された『嘆きの亡霊は引退したい ~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~ 6 』の感想

あらすじ

温泉から戻ったクライは、開催延期となっていたゼブルディア皇帝主催のパーティー「白剣の集い」に結局参加することに。

温泉土産を手にしぶしぶ出席するクライを待っていたのは――皇帝暗殺未遂事件!?

そしてなぜか他国へと赴く皇帝一行の護衛をすることになったクライに襲いかかる陰謀の影。

ゼブルディア帝国の未来はどうなる!?

大人気勘違いファンタジー、待望の最新刊!

全体の感想

 今回の大変クオリティの高くてとても満足できる巻だった。特にWeb版と違うエピソードが多くて、内容を知っていても楽しめる作品になってたのも良かった。エピソードは白剣の集い〜迷い宿を脱出するまでのエピソードだったけど、所々エピソードが違ってビックリした。

 内容自体とても面白いかったけど、最後の方が駆け足気味だったのがなんか読後感悪いかも。外伝入れてまで、植林のエピソードを削るのはどうかと思うんだよね。書籍版でも社まで立てているから、次巻で植林のエピソードを入れるのかもしれないけれど、迷い宿の終わりは植林エピソード入れて終わりでしょーが…

 それ以上に意味不明なのが、迷い宿に取られた止水たちの宝具がクライに渡されるのもよくわかんないだけど…どう言う理由で渡されたの?迷い宿は公平なはずでしょ?クライのことを贔屓したのか?

 この辺のエピソードはWeb版の方が俺は好きだね。

Web版との違い

 結構なエピソードが変わっていてWeb版読者でも読みごえたは抜群だと思う。例えば、白剣の集いもクライが土下座しなかったりするし、敵が入り込んでいたりする。他のエピソードも結構変わっていて、どのキャラも満遍なく活躍している。

 6巻最後の方のエピソードみたいに違和感のあるエピソードもあるけど、基本的には良改変だったと思う。6巻の最後に外伝があって、クライたちがハンターになったばかりの頃のエピソードが読めるんだけど、そのエピソードは面白かったかな。

イラスト

 イラストは結構良い感じだけど、クチャチャッカがあんな容姿だとは思わなかったわ。つるぱっげな不気味なイメージだったけど、めちゃくちゃ老人みたいな容姿はビックリしたかな。

 今回はクリュスのイラストが多いけど、狐尻尾があるルシアが一番可愛かったわ。てかクライのアロハシャツが意外にも格好良くてビックリなんだけどw

まとめ

 書籍版とWeb版で内容が結構変わっているから、Web版読者でも楽しめるようになっていてすごいね。ただ終わり方は賛否あると思うわ〜

 ファンの俺でも少し残念だなって思っちゃうし、それ以外はオッケーって感じ。

ネット小説だけじゃなくラノベも面白い

 お金がかかっちゃうけど、KADOKAWAの配信する電子書籍10,000点以上が読める、小説、実用、新書、ライトノベルの定額制読み放題サービスがめちゃくちゃ便利。読み放題の中には『Re:ゼロから始める異世界生活』、『この素晴らしい世界に祝福を!』などのネット小説から書籍化された作品から『涼宮ハルヒシリーズ』や『七つの魔剣が支配する』などのラノベ作品までも一部対象になっている。

 月額760円(税抜)だから、自分の読みたい作品を1、2冊読めば元が取れちゃうのも良い!!気に入った作品が見つかれば続きを買うも良し、読みたい作品がなくなれば退会しちゃえば良いのも気楽。

 俺的には『さよならピアノソナタ』がイチオシかな。5巻全てが読み放題にもなってるところもポイント高し。でも『七つの魔剣が支配する』や『86―エイティシックス―』とか読んだことない人ならお試しで読んでもハマるかも!

BOOK☆WALKER「角川文庫・ラノベ読み放題」サービス