毎日がSunday!!

面白いモノ、役立つ情報を発信する愉快なブログ

【注意!!危険スポット】運送会社でもよく起こる交通事故事例【トラックや自家用車】

f:id:ta-ka000:20190410003957j:plain

こんにちは!TAKAです。

僕が運送会社で働いた数年間で起こってしまった事故事例やよく起こる事故の事例を紹介します。

交通事故は安全運転と危険予知をすれば防げるものばかりです。 なので、自家用車を運転する方でも気をつけるポイントが分かれば事故が防げるはずです。

この記事を読めば運転中の危険なポイントが分かるようになるので、ぜひ読み進めてください。

交通事故について

交通事故の殆どがヒューマンエラーで起こる事故ばかりです。 何故なら、運転手が安全運転を守っていれば、交通事故が起きることは極めて低いからです。

運送会社では毎年講習会で安全運転について先生を招いて勉強します。 その際によく聞くのがヒューマンエラーです。 ヒューマンエラーとは、機械側(自動車)ではなく、人的に起こるミスことです。

運転手が気をつけていれば、殆どの交通事故が防げるんです。

今回は交通事故事例でよくみる事例を紹介します。

交通事故事例

交差点進入時の交通事故①

交差点への進入は気をつけて下さい。 それは右左折はもちろん注意が必要ですが、直進の場合でも事故事例が多いです。

右左折の場合は、後方からくるバイクの巻き込み事故が多いです。

毎年の講習会で嫌という程、この事例を見ました。

特にバイクは、自動車の死角に入ることが多く気付きづらいんです!! その為、後方からくるバイクに気づかず曲がることでバイクと接触又は巻き込み事故が起こってしまいます。

なので、曲がる側へ寄せる運転を心がけて下さい。 バイクが通れないようにしてあげるんです。 早めのウィンカーを出すだけでは、いつか事故をしちゃいますよ。

交差点進入時の交通事故②

右折する際に、反対車線側の自動車の陰から人やバイクが飛び出してくる場合があります。

特にトラックなどの大型が反対車線で右折の為に止まっている場合は要注意です。 また止まっていなくても注意が必要です。

大きい自動車が前方からくる際は、その自動車の後ろがこちらからは死角になっています。 なので万が一、車間距離が詰めている自動車やバイクがいれば気づかずにこちらが右折時に衝突してしまう可能性があります。

運転に慣れているトラックの運転手でもこの事故は多いです。

特に右折する為に止まっていると反対車線の自動車が

「お先にどうぞ!」

って譲ってくれる場合があります。 この場合は、譲ってくれた側は

「急いで曲がらなきゃ!」

と思ってしまい、ベテランドライバーでも安全の確認が疎かになってしまい、事故になるパターンです。

これはいわゆるサンキュー事故と呼ばれており、道を譲った自動車の後方から追い抜かすバイクと譲ってもらった自動車が焦って曲がってしまうことから起きてしまう事故です。

交差点進入時の交通事故③

意外と多くてビックリするのが、黄色信号で交差点へ侵入して事故を起こすことです。普通止まりますよね~

ただ交差点へ進入後やブレーキが出来ない場合は、加速はせずにスピードは一定で進んでも大丈夫ですよ。 急ブレーキをして後方の自動車に衝突されたら堪りませんからね。

黄色信号にも関わらず加速をして交差点へ進入しようとすることは危険運転です。 止まれない場合でも加速はしちゃダメですよ!

脇見運転による交通事故

いわゆる脇見運転による交通事故も多いです。特にスマホを見ながら運転する人が多いですね。 僕が運送会社で働いていた時期がちょうどポケモンGOがサービス開始した時だったので、脇見運転による交通事故が多かったイメージです。

僕が働いていた時にあった交通事故は、グーグルマップを確認しながらの運転が何件かありました。 地図ではなく片手で操作できるスマホは便利ですが、その分危険が伴います。 必ず自動車停めてスマホやカーナビの操作をしましょう。

また高速道路ではクルーズコントロール(自動運転)を使いながらスマホを操作したドライバーがいました。 その人は一発でクビになってました! 高速道路でも路肩に自動車を止めている人や落下物がある可能性があるので、必ず車間距離を開けて安全運転をしましょう。

歩道を止まらずに交通事故

基本的に信号がない歩道でも歩行者が優先ですよ!

特にコンビニや学校が近くにある場合は注意しましょう。 安全講習のビデオでは毎年必ず見るケースなので、注意が必要です。 運送会社でも毎朝のミーティングで、住宅街付近は要注意と口が酸っぱくなるほどマネージャーが注意してます。

歩行者がいる歩道で止まらなかった場合は、取り締まりを受けますよ。 特に2020年には東京オリンピックがあるため、東京23区では厳しくなっていると先生に教えてもらいました。 海外だと歩行者が優先である国が多いみたいですよ

合わせて読みたい記事

www.everyday-sunday.net

まとめ

運転手が気をつけていれば、交通事故は防げます。 万が一相手が危険運転をしていた場合でも、こちらが車間を開けるなどの安全運転をすれば防げる可能性があります。 安全運転を心がけることと、危険スポットを知っているだけで交通事故に巻き込まれるリスクはぐーっと減ります。 なので、あなたも安全運転を心掛けることと危険スポットを頭の片隅にでも覚えてて下さい。

では!