毎日がSunday!!

面白いモノ、役立つ情報を発信する愉快なブログ

【レビュー】転勤族だった僕が関東・中部・岡山県とソフトバンクエアー(SoftBank Air)を実際に使ってみた感想【速度制限について】【引っ越しが多いならオススメ】

こんにちは!転勤族TAKAです。

評判があまり良くないソフトバンクエアーですが、実際に速度制限や快適に動画が見れるのかどうかって1番心配なところですよね。

そこで、3年前からソフトバンクエアーを3つのエリアで1年間ずつぐらい実際に利用していた僕だからこそ分かる本音をお伝えします。

また本音とプラスしてどういった人にオススメなのかも紹介していきます。

では、早速読み進めて下さい。

ソフトバンクエアーとは

f:id:ta-ka000:20190509113903j:plain

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とはWi-fiルータで工事をしなくてもコンセントを刺すだけで、家にネット回線が繋がるソフトバンクが提供しているインターネット接続サービスです。

工事不要!インターネット使い放題

ソフトバンクエアーのメリット

f:id:ta-ka000:20190509113230p:plain

引用『SoftBank Air

ソフトバンクエアーは工事不要で直ぐに使える

引っ越しなどで光回線を申し込むことになると、開通工事が必要になることがほとんどです。

工事には立ち合いが必要な為、平日がお仕事なら土日祝日に工事をしてもらうことになります。

ただ転勤や引っ越した場合だと、土日祝日でも予定を開けておくことが難しい場合があります。

実際に僕も引っ越したばかりの頃は、ご飯に連れて行って貰ったり日用品の買い出しなどで忙しかったです。

その点、ソフトバンクエアーなら工事不要で使うことが出来ます。

工事が不要なので、空いた時間を自分の買い物時間に充てることが出来ます。

ソフトバンクエアーなら転勤後や引っ越し後の忙しい時期を有意義に過ごすことが出来ます。

また引っ越した際はスマートフォンやPCからソフトバンクエアーの使用エリアを変更しましょう。

引っ越したことによって電波状況が悪くなった場合は、引っ越し後8日以内なら無料で解約ができます。

僕の場合は、実際にどのエリアでも快適に利用出来たのでこの制度は使っていませんが、しっかりとした保証があって利用者にとっては安心ですよね!

データ容量制限なしの毎月定額で安心!!

f:id:ta-ka000:20190509113711j:plain

スマートフォンやポケットWi-Fiには毎月のデータ通信量が「5GBまで」などの上限があり、その上限を越してしまうと通信制限が掛かってしまいます。

あなたも動画やアプリの使い過ぎてガクッと速度が落ちてしまった経験はありませんか?

でもソフトバンクエアーならスマートフォンやポケットWi-Fiのような通信制限がなく、無制限で使用可能です。

その為、「通信量が上限超えそうだ」や「これ以上は速度制限される」と言ったことを気にせずネットし放題で動画見放題です。

僕はアマゾンプライム会員なのでプライム動画をたくさん見ていました。

HD画質でも途中で止まることなく見ることが出来たので快適でした。

スマホの毎月の支払いが1000円割引になるおうち割 光セットが使える

f:id:ta-ka000:20190509113535p:plain

引用『SoftBank Air

スマートフォンソフトバンクで契約していると、毎月1000円割引してくれるので、とてもオトクです。

またこのおうち割 光セットの良いところは、家族も対象になるところです。

一緒に住んでいない父や母、兄弟のスマホ料金にも対象になるので、4人家族の場合なら毎月4000円も割引されます。

これを計算すると2年間で最大96000円も割引されることになります。

申し込みもウェブや電話から簡単に申し込むことが出来るので、ぜひオススメです。

ソフトバンクエアーのデメリット

時間帯やエリアによって速度が低下する

メリットでソフトバンクエアーの通信量については無制限だとお伝えしましたが、速度が著しく低下する時間帯があります。

何故なら、ソフトバンクエアーには通信量に関しては無制限ですが、ある条件下だと速度制限が実施され、速度が低下してしまうからです。

ソフトバンクエアーの回線はスマートフォンなどで使用している「4G LTE」というネット回線を使っています。

その「4G LTE」というネット回線の利用が集中してしまうとネット回線がパンクする恐れがあります。

ネット回線がパンクしてしまうと、利用者全員がインターネットに接続出来ない事態を引き起こしてしまう為、利用が集中する時間帯に速度を制限し利用者が全員インターネットに接続出来るようにしているみたいです。

そのため回線が混み合う20時から24時頃に速度が低下していることが多いです。

僕もその時間帯にネット回線を利用していましたが、その時間帯は他の時間帯よりも動画の読み込みスピードが遅くなるなどの問題がありました。

ただし地域によっては、いらいらするような速度制限はありません。

岡山県ソフトバンクエアーを利用していた際は、20時から24時の時間帯でも快適に動画を楽しむことが出来ました。

しかし関東・中部の都心部ソフトバンクエアーを利用していた際は速度が低下することが多かったです...

速度が低下している際は、HD動画の読み込みが遅くイライラしてしまいます。

ただ都心部に住んでいる時は家にいる事よりも外に出かけて遊ぶことが多かったので、僕は速度が遅くなる時間でソフトバンクエアーを使うことは少なかったですw

都心部に引っ越すなら、遊びに行ったり飲みに行ったりと他のことで充実する可能性もあるかもしれませんよ。

ソフトバンクエアーを解約するときに解約金が発生する

f:id:ta-ka000:20190509113956p:plain

引用『SoftBank Air

ソフトバンクエアーは契約期間が2年(24ヶ月)あり、契約最終月に解約しないと違約金が発生してしまいます。

また契約は自動で更新されてしまうため、要注意です。

そのため、どれだけ長い年月利用しても契約更新月以外での解約には解約金の9500円がかかってしまいます。

解約金自体はほかのネット回線でもあるのでそんなものだろという方もいると思います。

もっとも注意しなくてはいけないポイントは、Airターミナルを分割払いで購入している方です。

ソフトバンクの月月割という割引サービスよって実質無料でAirターミナルを購入することができるのですが、実際は36回の分割払いです。

契約中はソフトバンクが負担してくれるのですが、解約してしまうと支払いが完了していないAirターミナルの完済する必要が出てきてしまいます。

例えば、

二年でソフトバンクエアーを解約する。→解約料はなし

Airターミナルを36回の分割払いにて購入のため12回分の支払いが残ってしまう。

そのためAirターミナルの料金1620円✕12ヶ月=19440円を負担することになる。

ソフトバンクエアーの契約時にAirターミナル代を実質負担なしで購入出来たと思っても、解約時に負担することになるので、実際はお得ではないんです。

ソフトバンクエアーをオススメしたい人!!

ソフトバンクエアーは工事をしなくてもつかえるインターネット回線です。

そのため、僕みたいな転勤族(引っ越しが多い人)にとって、とても便利な商品です。

コンパクトなサイズでたいした荷物にならないし、引っ越しの忙しい時期にネット回線を契約しにいって工事をしてもらう必要がありません。

また社宅や寮へ引っ越す場合は、ネット開通工事が出来なくて回線が引けない場合があります。

なので引っ越す先がどんなところかも分からない人にとって、工事をしなくても良いソフトバンクエアーがオススメです。

またポケットWi-Fiと違い、ソフトバンクエアーにはデータ容量制限ないので、動画見放題サービスをよく使う方にオススメです。

工事不要!インターネット使い放題