毎日Sunday!!

ゲーム、漫画、なろう小説の紹介ブログ

僕のヒーローアカデミア 第305話 ネタバレ感想 『緑谷出久と死柄木弔』

 週刊少年ジャンプで連載中の僕のヒーローアカデミア 第305話『緑谷出久と死柄木弔』の感想。

前回のあらすじ

 ワン・フォー・オールの継承者が無個性の者にしか継承できないことをするデク。志村菜奈から覚悟を問われる。

あらすじ

 志村菜奈から覚悟を問われるデク。そしてオール・フォー・ワンに侵食されていようが、死柄木の目からは憎しみしか宿っちゃいなかったと万縄は語った。

 初代継承者も話に加わる。

「自由の効かない体となった兄さんは恐らく彼の肉体と精神を乗っ取ろうと画策している。ワン・フォー・オールを手に入れる為にね」

 死柄木の強い憎しみを利用することでワン・フォー・オールを手に入れる。

「ワン・フォー・オールの原点はオール・フォー・ワンに屈しないという強い意志だからな」

 そして志村菜奈はデクに願う。自身の過ちが死柄木の強い憎しみを生んでしまったことを後悔する。

「アレが巨悪となり果てたらもう誰にも止められない。赦すこともわかりあう事も叶わない救いようの無い人間はいるんだよ」

 志村菜奈の重い言葉を聞いたデクは、口を開く。

「死柄木が己の夢を強く想った時憎しみのその奥に…泣いている子供を感じたんです」

 デクは今まで色んな相手と戦ってきた。彼らは折れなかった。戦って止めるしかなかった。彼らはたくさんの人を傷つけた。だけど、オールマイトからOFAは殺す為の力じゃなく 救ける為の力なんだと教えてもらった。だからこそ...

 「僕はあの子を救けたい」

 初代継承者はデクの発言に改めてOFAがデクたちに渡って良かったと思う。そして2人の継承者に伝える。

「君たちも いい加減に…彼に協力してあげてくれ。力を全開放する為の協力を」

感想

 オールマイトからの薫陶でデクが覚悟を決める流れはマジで神だった。志村菜奈が死柄木を止めて欲しいって言葉へのデクの答えが助けるって正にヒーローだ。マジで格好良かった。

 OFAは救ける為の力ってセリフは、デクがオールマイトに憧れていたからこそ出る言葉だと思う。デクは継承者達から能力を継承しているように、オールマイトからヒーローの意志を継承してるわ。

 それに大好きな人たちを傷つけたってセリフの中に、爆轟もエンデヴァーも入っていたのはテンション上がる。

 後は非協力的だった継承者の2人は何の理由で協力してくれてなかったのかが気になるね。

最新コミック・ラノベを無料で読む方法※悪用厳禁

U-NEXT(ユーネクスト)で無料期間のポイントを使って、好きな最新コミック・書籍の購入読んじゃおう!!

1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!

   一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

 2 600円分のポイントプレゼント!

   ポイントを使って、DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新映画、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

 3 追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題!

最新コミック・ライトノベルも無料で読む