毎日がSunday!!

面白いモノ、ゲーム、漫画を紹介しようかな

【オススメなろう小説】剣豪系主人公『嫌われ者の触手使いに生まれたので、剣豪として王道を往く ◆淫魔スレイヤー◆』

嫌われ者の触手使いに生まれたので、剣豪として王道を往く ◆淫魔スレイヤー◆

作者:読図健人

URL:https://ncode.syosetu.com/n9715eo/

あらすじ

高校デビューで運動部に入った白野孝介(しらの こうすけ)は、慣れない練習の疲れからか熱中症であえなく帰らぬ人となる。

そして神様的存在に転生させられた先は、超常的な魔剣の栄えし異世界――――だが、その中でも屈指の嫌われものの触手使いであった。

かつて世を乱した淫魔をスレイする為に生まれた触手魔法は、今では忌み嫌われる厄介者。

天下に憚る日陰者で、ついてきたのはぽんこつ師匠。

職なし、身分なし、おまけに触手の才能なし。 

そんな最悪の環境の中、シラノは世の触手使いの名誉のため《触手剣豪》として立ち上がると決めた――――。

捨てるは命。ここぞ死地。

相対するは数多の魔剣。相手にとって不足なし。

――――――魔剣、断つべし。

※猥褻はない ※申し訳程度のクトゥルフ要素

コメント

 触手使いのイメージは異世界でも最悪で社会的地位も低い。それでも主人公は強ければ触手使いのイメージが変わると信じて戦いを繰り返していくわけだが、超絶格好いい。卓越した文才で描かれるバトル描写は素晴らしすぎる。

 触手というエロテックかつコメディチックな能力で、正統派の超アツいバトルが読めるとは思わなかったた。魔剣も格好いい能力を有しているけど、触手の武器は魔剣を凌駕するぐらい格好いい。魔剣使いとの戦いは剣客同士の戦いって感じで痺れる。