毎日がSunday!!

面白いモノ、ゲーム、漫画を紹介しようかな

【小説家になろう】読んで欲しい!超面白いオススメなろう小説まとめ第2弾【厳選50作品】

今オススメしたいなろう(ネット)小説の一覧。

ジャンルはバラバラですが、本当に面白いと思った作品をピックアップしています。ぜひ読んでみてください。

関連記事には、直近に読んで面白かった作品をまとめていますので、ご一緒にご覧ください。

関連記事

【2021年最新版】俺が最近読んだ面白いオススメネット小説(なろう小説・ハーメルン・カクヨム)まとめ1 - 毎日がSunday!!

【2021年最新版】俺が最近読んだ面白いオススメネット小説(なろう小説・ハーメルン・カクヨム)まとめ2 - 毎日がSunday!!

www.everyday-sunday.net

亡びの国の征服者~魔王は世界を征服するようです~

作者:不手折家

URL:https://ncode.syosetu.com/n5677cl/

あらすじ

 川で溺れて死んだ男は、気づけば異世界で生まれ変わっていた。

 現世で冷たい家庭に育った主人公は、あたたかい家庭に生まれ落ち、地球とは少し違う世界を楽しみながら育ってゆく。

 だが、生まれ育った国は内憂と外患によって滅びようとしていた。

 普通より少し頭がよく、決断力のある主人公が、自分の居場所を作っていく物語。

コメント

 戦記モノの中でも郡を抜いて面白い作品。 転生の知識チートが有れば無双できるなんて甘い世界観ではないのに、主人公はボロボロになりながらも英雄的な活躍をするところが格好いい。

 この作品の設定とかも好き。魔法がない世界観なのに魔女家があったり、人種が違ったり、宗教があったりと面白くて細やかな設定で楽しませてくれる。勿論、ストーリーはトップクラスの面白さ。学校パートなどの日常もワクワクするような話ばかりで面白いし、戦争パートでもハラハラドキドキするような臨場感を味わえる。面白さトップレベルの作品だと思う。

亡びの国の征服者~魔王は世界を征服するようです~

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜【Web版】

作者:槻影

URL:https://ncode.syosetu.com/n6093en/

あらすじ

世界各地に存在する宝物殿とそこに眠る特殊な力の宿る宝具。富と名誉、そして力。栄光を求め、危険を顧みず宝物殿を探索するトレジャーハンター達が大暴れする時代。

幼馴染達と共に積年の夢であるハンターとなったクライは、最初の探索で六人の中で唯一自分だけ何の才能も持っていないことに気付く。

しかし、それは冒険の始まりに過ぎなかった。

「もう無理。こんな危険な仕事やめたい。ゲロ吐きそう」

「おう、わかった。つまり俺達が強くなってお前の分まで戦えばいいんだな、いいハンデだ」

「安心してね、クライちゃん。ちゃんと私達が守ってあげるから」

「あ、ストップ。そこ踏むと塵一つ残さず消滅しますよ。気をつけて、リーダー?」

強すぎる幼馴染に守られ、後輩や他のハンターからは頼られ、目指すは英雄と強力な宝具。

果たしてクライは円満にハンターをやめる事ができるのか!?

※勘違い系コメディです。

コメント

 最弱の主人公が仲間や敵から最強のハンターと思われている勘違いバトルがめちゃくちゃ面白い。主人公視点だと巻き込まれただけなのに、周りからは主人公が出来事の中心人物だと思われちゃうのが面白おかしい。

 それに、先の読めないストーリー展開が多くて読んでいて楽しい。オチがしっかりしていてそうなっちゃうのって驚いてばかりだ。あと、どんな仲間や敵が登場して、どんな活躍をするのかとか、どんなふうに巻き込まれちゃうのかとかワクワク感が半端ない。

 ちなみにこの作者の作品はどれも読みやすくてオススメ。

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜

昏き宮殿の死者の王【Web版】

作者:槻影

URL:https://ncode.syosetu.com/n6621fl/

あらすじ

――死にたくない。自由が欲しい。

そのためならば、僕は――甘んじて『怪物』になろう。

全身に絶え間ない激痛が奔り、衰弱の末死に至る奇病。

それに冒された少年は数年の苦痛の末、絶望を感じる余裕もなく誰にも看取られることなく生を終える。

そして再び目覚めた時――少年は邪悪な死霊魔術師の力により、最下級アンデッド、『死肉人』となっていた。

念願の痛みを感じない身体を手に入れ、歓喜する少年だが、すぐに自分の立場が未だ支配され、病室に軟禁されていた頃と大差ない事に気づく。

ただ平穏を求める少年を、世界は放っておかなかった。

死霊魔術により死体から少年を蘇らせ、エンドと名付け支配せんとする死霊魔術師。

闇に属する者をどこまでも追い詰め、滅する事に命を賭ける終焉騎士団。

多数の魔物を配下に収め、各地に君臨し覇を争う魔王達。

目的は生存と自由。必要な物は力と注意深さ。

これは、自由を求め、時に戦い、時に逃げ出し、時に怯え、時に躊躇う、臆病な死者の王の物語。

コメント

 ダークな世界観が全面に出ている序盤も面白いけど、ヒロインと旅をするようになるところから、面白さがより増す気がする。主人公の弱点や立ちはだかる強敵などの張り詰めた空気からの吸血シーンや日常パートはアクセントになってる。どのパートも面白くて読みやすい。

 この作者様は、面白い作品を何個も書いてるだけあって、ハズレがないね。

昏き宮殿の死者の王

リビルドワールド

作者:非公開

URL:https://ncode.syosetu.com/n9736dt/

あらすじ

 命賭けで足を踏み入れた旧世界の遺跡で、少年は全裸でたたずむ奇妙な美女と出会った。

 スラム街から這い上がるためにハンターとなった少年の名はアキラ。アキラにしか見えない非現実的な美貌と、誰にも触れられない魅惑的な肉体を持つ、得体の知れない美女の名はアルファ。

 アルファは真意など欠片も見せない微笑みでアキラに依頼を持ちかけて、アキラはハンターとして成り上がるためにその依頼を引き受けた。

 2人の契約が成立したその時から、アキラとアルファの数奇なハンター稼業が始まった。

 科学文明崩壊後再構築世界

 少年ハンターと奇妙な美女の東部ハンター稼業録

コメント

 理不尽な出来事や戦闘を乗り越え成長していく主人公が堪らなく格好いい。それを可能にしてるのがヒロインだし、ヒロイン抜きで強敵を倒した時なんて、ハンパない気持ちのいい読後感を味わえる。

 何より作者の文才が高くて、バトルシーンなんて映像を見ているかのように情景が思い浮かぶ。それに、文字数が多かったり専門用語などもあるにも関わらず、スラスラ読めちゃうところもすごい。

 改行がないから読みづらいといって敬遠してたら、損するよ。マジで面白いから読んで欲しい。

リビルドワールド

信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略 クラスメイト最弱の魔法使い

作者:大崎 アイル

URL:https://ncode.syosetu.com/n1217et/

あらすじ

「あなたのステータスは一般人以下ですね」

異世界転移した一年A組の中で、ダントツに弱い『高月マコト』。

『勇者』や『賢者』のチートスキルを持つクラスメイトは旅立ち、たった一人取り残される。

初期設定の寿命は10年? そろそろ大魔王が復活? 俺は魔法使い見習い? バランス悪過ぎだろ。クソゲーかよ、異世界は!

「私の信者にならない?」って声をかけてくる女神サマは、信者ゼロだし! しかも『邪神』だし!

あかん……クリアできる気がしないんですけど。信者ゼロの女神様は凄い美人で、どこかに囚われて助けを待っているらしい。女神様を救い出すことが『最初にして最難のミッション』。

逆境しかない異世界を攻略していく、最弱の魔法使いの物語。

コメント

 最新話付近の展開で俺はもっかい1話から読み返したぐらい面白い。作者の風呂敷の広げ方が凄すぎる。脱帽ですよ。読み返したくなるようなストーリーになってるし、色々面白い。

 序盤はクラス転移、最弱職業とかなろう小説よくあるテンプレ的な面白さがあったんだけど、オリジナル性が増えてきて化け物級に面白くなった。勿論、序盤のお話も好きなんだけどね。ヒロインも可愛いし、主人公が技を覚えて強くなっていくことにワクワクもするし!

 ただストーリーが進んで強くなった主人公は格好良すぎる。今のストーリー展開すっごく好き。

信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略 

戦え無限術師 〜火花を散らす1ポイントの命達〜

作者:カロリーゼロ

URL:https://ncode.syosetu.com/n1282eb/

あらすじ

異世界転生を果たしたヒビキ(男)は15歳になり、冒険者となる。だがヒビキは選択の余地なく不遇職の無限術師に付いてしまった。そんな彼が逆境にも負けず冒険者の最高位『天位の座』を目指すお話です。

と同時に、金髪碧眼、たわわなお胸と天才的な剣の腕を持つ高嶺のたわわちゃんをお嫁さんにする為に頑張る話でもある。

「せっかくのあらすじなんだから、俺とたわわちゃんのラブラブな間柄を存分にアピールすべきだと思うんだけど、たわわちゃんはどう思う?」

「馬鹿ヒビキ、寝言を言うのは本編だけで充分」

そんな二人の物語です。

コメント

 圧倒的なチート能力に飽きたら物量作戦を使う作品はどうですか?NARUTOの影分身みたいな能力を使う主人公がクセになる面白さがある。圧倒的な物量で強敵を倒して爽快感を覚えちゃうし、能力もそこまで万能ではないから、工夫して使って行くところがワクワクする。

 お気楽な主人公の明るさと頂点を目指す姿勢が魅力的で主人公のことを好きになっちゃうし、ヒロインが主人公のことをライバル意識しちゃうとこも可愛くて良い感じ。

戦え無限術師 〜火花を散らす1ポイントの命達〜

ソシャゲダンジョン

作者:止流うず

URL:https://ncode.syosetu.com/n2293em/

あらすじ

 ソーシャルゲーム異世界に叩き込まれたとある高校の生徒たち約400名。

 その中の1人である新井忠次は自身のレアリティが高くも低くもない『R』であることに嘆きながらも隠しエリアや強力なアイテムを発見しながらステージクリアを目指すのであった。

コメント

 ヤンデレなヒロインたちが可愛いとかバトルパートが燃える展開が面白いとかもあるけど、1番はソシャゲな設定がすっごくオレ的に好き。俺自身はソシャゲをやらないけれど、この作品を読んでいるとソシャゲをやりたくなる。登場人物にレア度とかあったりバトルがターン制だとか装備品とか設定だけでもワクワクする。

 主人公とヒロインたちの絡みも面白いのも魅力。やっぱりヒロインに一癖二癖あった方が、可愛いしストーリー的にも面白い。ヒロイン2が人やめたりするのも狂ってて良いよね。

 ただ残念ながら更新止まってる。書籍の方に動きがあれば更新出来るみたいだけど、続き読みたいね。

ソシャゲダンジョン

モブ高生の俺でも冒険者になればリア充になれますか?

作者:百均

URL:https://ncode.syosetu.com/n0112fi/

あらすじ

 ある時より迷宮が現れ、モンスターが湧き出すようになった平行世界の日本。当初は新たな災害でしかなかったはずの迷宮は、迷宮が生み出す貴重な資源とモンスターが落とす“カード”の存在により一転、一攫千金の舞台へと変貌した。

 モンスターを自在に召喚することができるモンスターカード、カードの力を持って迷宮を攻略する冒険者、その様子を配信するダンジョンTV、モンスターを戦わせるコロシアム……。それらは人々を熱狂させ、いつしか冒険者は人々の憧れの職業となっていた。

 モブキャラの高校生・北川歌麿は、同じモブキャラだったはずの友人が冒険者になった途端クラスカーストのトップに食い込んだのを見て、自分も冒険者になることを決める。

 歌麿は、皆に自慢できるレアカードを手に入れるため一回百万円の狂気のガチャに人生を賭けるが――?

コメント

 モンスターを召喚して戦うのって何でこんなにもワクワクするんだろうか?使役するモンスターが徐々に増えてやれることもどんどん増えて行く感じが楽しいし面白い。モンスターに意思がある設定もあって主人公と一緒に成長していってるところが好きかな。

 日常パートとか読んでいるとゆるい世界観かなって錯覚するけど、冒険パートは結構シリアスでハラハラするしギャップがあってgood。

モブ高生の俺でも冒険者になればリア充になれますか?

狼は眠らない

作者:支援BIS

URL:https://ncode.syosetu.com/n3930eh/

あらすじ

〈黒穴〉に入った者は、力と富を得られる。

そんな伝説を信じて〈黒穴〉に飛び込んだ戦士レカンは、異世界に落ちる。

彼が目にしたものは、みたことのない迷宮と、みたことのない魔獣だった。レカンの冒険の旅が始まる。

コメント

 主人公の冒険中毒は読者にも伝播してしまうぐらい。この作品を読むのを止められない。マジで読めば読むほどハマってしまう面白さがある。作品の雰囲気から感じる硬派なイメージが敬遠しちゃうかもしれないけれど、冒険パートが始まるとハクスラが始まって読みやすいと思う。というかめちゃくちゃ面白い。

 主人公は冒険している時が一番生き生きしていて楽しそうなのが良いよね。強敵と戦ったり戦利品手に入れるところとか楽しくて素敵な作品。

 まあオレ的にはコミックスから入ったほうがこの作品は読みやすいと思う。

狼は眠らない

魔導具師ダリヤはうつむかない

作者:甘岸久弥

URL:https://ncode.syosetu.com/n7787eq/

あらすじ

「すまない、ダリヤ。婚約を破棄させてほしい」 結婚前日、目の前の婚約者はそう言った。

前世は会社の激務を我慢し、うつむいたままの過労死。

今世はおとなしくうつむいて、いい妻になろうとして婚約破棄。

ダリヤは決めた。もう、うつむくのはやめる。

頑張って魔導具師の仕事をし、行きたいところに行き、食べたいものを食べ、飲みたいものを飲もう。自分でできる限り、生きたいように生きよう、と。

そんな彼女は、魔物討伐部隊の騎士と出会う。魔導具が好きなダリヤと、魔剣が好きなヴォルフ。

魔導具と魔剣作りに熱中しつつ、飲んで食べて、いろいろと巻き込まれる日々。

生活の便利さのためならば、どんな苦労もいとわぬ魔導具師と、怖さ知らずでひたすら先陣を切る魔物討伐部隊の騎士。

恋愛に背を向けたい2人は、いつか恋人になれるのか。

コメント

 前を向いて頑張る主人公がとっても魅力的だし、何より甘過ぎない作風が男の読者でも読みやすいと思う。ただし食テロに注意。この作品は、丁寧に描写されているからお酒とご飯が食べたくなるようなシーンが多いよ。まあ俺はお酒飲めないけどお腹が空いた時に読むのは危険だ...

 ゆったりした日常作品を読みたいなら、是非オススメ。主人公の性格がとてもいいから前向きにもなるし、何より物作りのワクワク感が堪らないね。恋愛描写は軽めだけれど、徐々に惹かれあっていく感じがエモいね。大人向けな作品だと思う。

魔導具師ダリヤはうつむかない

TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す  ~ヘンダーソン氏の福音を~

作者:Schuld

URL:https://ncode.syosetu.com/n4811fg/

あらすじ

 一人の男性が不幸にも命を終えた。しかし、彼は瞑想の中で神と邂逅し、異世界へ“自身を望むがままにする”権能を与えられて送り込まれることとなった。遠大な神が考えることは分からない。与えられた福音は、ただ「汝が為したいように為すがよい」との形なき代物であった。

 「TRPGだコレ」

 しかし、主題を与えず、キャラビルドに制限を設けない権能を与えてはいけない人種が一つ存在した。それはマンチキン、データマンチや和マンチとも呼ばれる、データさえ存在するなら神殺しにさえ興じる変人。彼はデータを隅から隅までなめ回しながら、世界を巡る旅に出る。

 ヘンダーソンスケール行方不明のハイファンタジー冒険譚、ここに開幕。

コメント

 独特な文章がクセになるし、ストーリーが面白いから何度も読み返しちゃってるぐらい好き。正直、TRPGって言われても良く分かってないんだけれど、時々挟まるIFストーリーが描かれていて、いろんな未来があって面白い。そして本筋はどんな未来になるのかってワクワクする。

 自分の好きなようにキャラビルドを作り上げていく興奮とポイントを割り振ってゲットしたスキルが活躍するのは楽しい。主人公が自制していても我慢できずにスキル取っちゃうのも好きだな。

 正ヒロインが主人公を狙う狩人のような思考がたまらないしゾクゾクするよ。

TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す  ~ヘンダーソン氏の福音を~

マジカル★エクスプローラー エロゲの友人キャラに転生したけど、ゲーム知識使って自由に生きる

作者:入栖

URL:https://ncode.syosetu.com/n2413ep/

あらすじ

日本の紳士の間で一世風靡した伝説の美少女ゲームがある。

それは『マジカル★エクスプローラー』通称マジエク、マジエロだ。

俺はこのゲームのチートじみた能力を持つ主人公に、それも美少女ヒロイン十二人といちゃいちゃする主人公に、アペンドディスク(追加パッチ)によってヒロインが二十四人に増えハーレムに拍車を掛ける主人公になっていた!…………なんてことはなく、その横でへらへら笑う三枚目になっていた。

もちろん最初は絶望した。

当たり前の事だ。主人公だったら二十四人のヒロインを侍らし、チート無双が出来る。だが俺は三枚目だ。あてがわれるヒロインはいない。

だけど俺は主人公だとか、ヒロインなんかがどうでも良くなった。それは『魔法』に出会ったからだ。

魔法を使っているうちに、俺は魔法を興味を持ち、極めたいと思った。魔法で最強になりたいと思った。そして俺は決意する。

主人公の友人という役割を半分放棄して、魔法を鍛えよう。そして、魔王ですらソロで倒すほど成長するマジエロ主人公。あのチートをぶっ倒そう。

……なぁんて思って修行してたんだけど、なんで俺がエロゲヒロインと仲良くなれたり、エロゲの主人公みたいなイベントが頻発するんですかね?

コメント

 エロゲの世界ってだけでインパクトがあったんだけど、内容もめちゃくちゃ良くてハマった作品。不遇キャラでも最強になりたいと願う主人公が努力して強くなっていくところなんて最高にアツいし、バトルで活躍するところなんてめちゃくちゃ面白い。

 エロゲの世界観ってだけあって、いろんな属性の可愛いヒロインたちがいたり、面白い裏設定があったりと楽しい要素が盛りだくさん。主人公の武器が変わり種なのも良いよね。

マジカル★エクスプローラー エロゲの友人キャラに転生したけど、ゲーム知識使って自由に生きる

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム

作者:海道 左近

URL:https://ncode.syosetu.com/n5455cx/

あらすじ

 各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を起動する。

 これは世界か、遊戯の話。  そして思い出の物語である。

コメント

 主人公が少年漫画の主人公らしさがあって好感が持てる。強敵に苦戦しながらも、新技を使って敵を倒すとか、ジャンプの主人公みたいでワクワクする。プレイヤーに合わせて進化するエンブリオって設定がめちゃくちゃ良い。エンブリオのおかげでバトルが盛り上がって楽しい。

 主人公もいいけど、魅力的な登場人物多くてストーリーがより楽しくなる。くまの兄さんとかもびっくりするぐらい強くて格好いいし、敵側にいるキャラも良いキャラだと思う。

 ゲームの世界設定がしっかりしていて、世界観が超イイ!!未だ謎な設定とかも気になるし、レベルアップしてどんなスキルを手に入れるのかも気になる作品。

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム

魔性の男を目指します

作者:立花

URL:https://ncode.syosetu.com/n9894cy/

あらすじ

男女比が大きく違い、男性が優遇される世界で、前世の記憶を取り戻した少年は、よりよい暮らし、よりよい異性関係を得るために、魔性の男を目指すことを決意する。

コメント

 男女比逆転世界系で1番面白い作品だと思う。男女比がおかしい世界で、男性が極端に少なく女性の比率が高い世界で魔性の男を目指すってめっちゃ良い設定やん。魔性の男になるために、主人公がいろんな手を使っているところが面白い。

 主人公が計算して行動してるところがゲスくて好き。でも超美形設定だからあざとく見えるしモテるのが良いね。これが魔性の男か!?

 モテるために努力するから、他の男性キャラよりも強キャラになってるのも笑える。

魔性の男を目指します

元・世界1位のサブキャラ育成日記〜廃プレイヤー、異世界を攻略中〜

作者:沢村治太郎(合成酵素)

URL:https://ncode.syosetu.com/n6774eh/

あらすじ

 略してセカサブ。     ――世界1位は、彼の「人生」だった。

 中学も高校もろくに通わず、成人しても働かず、朝昼晩とネットゲーム。たかがネトゲに青春の全てを費やし、人生まるごと賭けちゃった男は、世界ランキング1位に君臨していた。

 そんな彼が、ひょんなことから異世界へと転生してしまう。

 その世界は、なんと彼の愛したVRMMORPG“メヴィウス・オンライン”にそっくりだった。

 しかし、彼の転生した姿は、過去に作成したきり放置していたサブキャラクター“セカンド”……まだなんの育成もしていない倉庫キャラクター。

 元・世界1位の廃プレイヤーが、ネトゲそっくりの異世界へと生まれ変わる。それは、途轍もない伝説の幕開け。

 ぽんこつ女騎士、ちっちゃな猫獣人、冷淡なダークエルフなど、大勢の個性的な仲間と共に、彼の「世界1位」を取り戻す育成が今始まる――。

コメント

 異世界だろうとゲームと同じ世界観なら世界一位を目指す主人公のブレなさ芯の強さが魅力的。世界一になるという明確な目標があるからこそ、主人公がストイックに頑張ってる姿が格好いい。レベルアップ描写も面白いけれど、バトル描写はやっぱりアツいね。世界一へのプライドがあるからこその強さって感じがあって格好いいんだよね。

 主人公以外のキャラもめちゃくちゃ魅力的で、ヒロインたちとの関係も良い。ヒロインのレベル上げとかはワクワクしながら読めたし、世界一を決める大会があるのだけれど、そこでヒロインたちも活躍するところはすっごく楽しかった。

元・世界1位のサブキャラ育成日記〜廃プレイヤー、異世界を攻略中〜

願わくばこの手に幸福を

作者:ショーン田中

URL:https://ncode.syosetu.com/n3170ed/

あらすじ

救世の旅に同行を続けるルーギス。

その中で彼の役割は、雑用や夜番。

女達からは疎まれ、冷たい視線を与えられる日々。

だが幼馴染のアリュエノの存在だけが、彼をパーティに繋ぎ止めていた。

例え、彼女が救世者と呼ばれる男に心奪われていたとしても。

失意と惰性の日々。 そんな中に訪れた影は告げる。

「貴様に機会を与えてやろう。全てを塗りつぶし、人生という絵画を描き直す機会を!」

コメント

 ヤンデレヒロインたちの魅力がすごい。みんないいキャラしているし誰が勝つか分からないヒロインレースがめちゃくちゃ面白いし、ヒロインに主人公が追い詰められていくのが様式美。イチャイチャでないのが、グッとくるね。とても良い。

 勿論、バトルパートもすっごく良い。序盤の山場でタイトル名を回収したりして盛り上がるようになっているし、主人公VS英雄とか名シーンで何度も読み返した。他のバトルも面白いバトルがたくさんあるし読み飽きない。

 世界観的に神が人間を使って人形劇をしてるって裏テーマがあるから、言い回しがちょっと演劇チックになってたりと独特な文章で読んでるとクセになる。

願わくばこの手に幸福を

本気でプレイするダイブ式MMO ~Dive Game 『RE;behind』

作者:神立雷

URL:https://ncode.syosetu.com/n2931et/

あらすじ

フルダイブ式MMO。月額15万円。ログインは1回最低1万円。

ゲーム内マネーがそのまま日本円と交換出来て、現実世界で買い物が出来る。

リアルに食い込む仮想世界。現実の生活のため、ゲームの中でモンスターを狩る。

それが全世界で注目されるDive Game『Re:behind <<リ・ビハインド>>』

「例えVR化しようとも、ネットゲームという文化は楽しく難しく奥深い。VR技術がある未来では、どんな人がプレイし、どんな事が起こるのだろう」

コメント

 VRでMMOしたらめちゃくちゃ楽しそうだなって思うしプレイしてみたいと思える要素がたくさん詰まってって読み応えがある。特にこの作品には二つ名システムってのがあって、二つ名がゲームに影響を与えているのがとても面白いと思った。

 この作品の主人公を含むプレイヤーたちは本気でゲームをプレイしてる。熱量を持ってる。だから読んでいる読者にもアツさが伝わってくる。心をアツくさせる作品が好きならハマっちゃう作品だと思う。サクリファクトとマグリョウは絶対好きになると思う。

食い詰め傭兵の幻想奇譚

作者:まいん

URL:(削除)

あらすじ

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。

だが知り合いもなく、懐具合も寂しいロレンではろくな依頼も受けられそうになく、どうしたものかと思案しているところへ他の冒険者が声をかけてきた。

コメント

 なろう小説では珍しいNO転生者だったんだけど、なろう小説版は削除されてしまった。

 オーソドックスな冒険ファンタジーな作品なんだけど、なかなかにハードな世界観で読み応えがある。オレ的には主人公とヒロインの相棒感が超好き。主人公の借金から、ヒロインが金銭面でも相棒になっているところが面白いw

 大剣を使ったりとか傭兵だったりと、某ファンタジー作品の主人公みたいな戦い方をするのが、とても格好いい。ヒロインも強くてどんなキャラなんだって気になるようになってる。

食い詰め傭兵の幻想奇譚

骸骨魔術師のプレイ日記

作者:毛熊

URL:https://ncode.syosetu.com/n8061es/

あらすじ

 全感覚没入型VRバイスが一般的に普及した未来。このデバイスはあらゆる分野で利用されており、それはゲーム業界でも同じである。人々はまるで異世界に迷いこんだか、あるいは近未来にタイムトラベルしたかのような経験が可能ということもあって、全世界であらゆるジャンルのVRゲームが飛ぶように売れていた。

 そんな好調なVRゲーム市場に、一本の新作タイトルが舞い降りる。その名は『Free Species World』。煽り文句は『あらゆる種族に成れるファンタジー』であった。人間にも、獣にも、はたまた魔物にも成れるのだという。人型以外の姿を取ることが可能なVRゲームは世界初であったので、βテストの抽選は数千倍、製品版の予約は開始一秒で売り切れ状態となっていた。

 これは後に社会現象を起こす程に大人気となったVRゲームで悪役ロールプレイに撤し、一つの大陸を支配して名を轟かせたとある社会人のプレイ日記である。

コメント

 VRゲームを題材にしている作品でレベル上げや進化、クランの立ち上げなども出来てオンラインゲームの実況プレイを見ているような面白さがある。主人公は種族設定を魔物にして楽しくゲームをプレイしているのだけど、街に入れなかったり、あるスキルを取らない限りコミュニケーション不可とかマゾゲーしてて笑える。

 主人公は魔物としてゲームをしているから、悪役ロールプレイをしたりとゲームを全力で遊んでいるところは楽しそうで好き。それに考え方や行動で、進化先が増えたり弱点属性を克服したり、新たなクエストに繋がったりと遊んでみたい設定がたくさんあって面白い。

カルマの塔

作者:富士田けやき

URL:https://kakuyomu.jp/works/1177354054886943247

あらすじ

この世は平等ではない。

 グラスになみなみと満ちたぶどう酒を呷る者がいれば、幾度も足踏みされた泥水をすする者もいる。暖かな毛皮に身を包む者もおれば、薄っぺらな襤褸を纏う者もいる。

 この世は幸福ではない。

 生まれた瞬間、人は格差の海に落ちる。金持ちの子、貧乏な子、貴族の子、農夫の子、奴隷の子。奴隷に生れ落ちたが最後、這い上がることを上は良しとしない。

 この世は残酷である。

 誰かの幸せは誰かの不幸せ。一定量の資源(リソース)をめぐり、人は争い、奪い、殺す。生きるとは屍の上で踊ることである。狂え、喰らえ、犯せ、殺せ。  この世は、地獄である。

 だからこそ人は光を求める。

コメント

 なろう小説で削除されてからは、カクヨムで再連載されたレジェンド作品。間違いなく戦記モノの作品の中でトップクラスの面白さ。

 主人公は成り上がっていく為に、泥臭く、屍で作られた道を歩いていくのだけど、その姿は格好良すぎる。犠牲はあって当たり前で、地獄に落ちることになっても、前へ進むことだけに覚悟が完了してる姿はヤバすぎる。最高だよ。

 主人公のライバルになる同世代の新星や、強者として立ち塞がる巨星と呼ばれる者たちといった魅力的なキャラとのバトルは最高に盛り上がる。勿論、何者でもなかった頃の主人公が泥臭い戦いをしているところも面白い。

カルマの塔

主人公じゃない!

作者:ウスバー

URL:https://ncode.syosetu.com/n3245fy/)

あらすじ

女の子をかばって車に轢かれ、RPG世界の序盤最強キャラ「レクス」として生まれ変わった!   初期レベルは驚異の50! あらゆる分野の技能を備え、おまけにイケメン! これは大勝利! 

……と思いきや、レクスは序盤の救済キャラ。ソシャゲによくある初期SRカードや、SRPGによくいるぎんのやりを持った老パラディンのように、最初だけは無双出来てもすぐに役立たずになってしまう! 

そんなの知るかとばかりに襲い来る魔物やイベント、それから低過ぎる成長率と残念過ぎる固有技と器用貧乏過ぎるステータスと戦いながら、俺は決意した。

「面倒事はどっかにいるはずのゲーム版主人公に押し付けて、さっさと隠居しよう!」と。

これは「主人公」を探す凡人が、なんだかんだで世界を救う英雄になってしまう物語

コメント

 序盤からすごく面白いバトルがあるから作品にハマる前でも読みやすいと思う。序盤の主人公を見てると強いじゃんって思うんだけど、だんだん序盤の救済キャラとしての化けの皮が剥がれてく。さあどうやってステータスあげるんだってめちゃくちゃ気になって気になって仕方がない。

 主人公もだけど仲間たちも、強くなっていくの楽しみだなって思ってたんだけど、仲間はつえーわ。主人公弱すぎって笑えてくる。ゲーム知識を使った裏技使ってるのに純粋なステータスでは負けるんかいってなる。そんなふうにコメディ要員になる主人公だけど、真剣になる時は格好いいんだよね。どのパート読んでても楽しいこと。

主人公じゃない!

この世界がゲームだと俺だけが知っている

作者:ウスパー

URL:https://ncode.syosetu.com/n9078bd/

あらすじ

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。

その熱狂的なファンである相良操麻は、不思議な道具の力でゲーム世界に飛ばされてしまう。

突然の事態に驚く操麻だが、そこは勝手知ったるゲームの世界。

あらゆるバグを使いこなし、ゲームの仕様を逆手に取る彼は、いつしか『奇剣使いソーマ』と呼ばれていた。

コメント

 バグ技駆使してレベルアップしたり戦ったりする主人公が本当に面白い。バグ技に目をつけた作者は天才だよ。めちゃくちゃ真剣にレベルアップしてるのに、第三者目線だと、可笑しすぎて笑える。でも現地の人間(NPC)すらバグ技で強くするからこの主人公なんでもありで頼りになるわ。

 バグ技を使うシーンはかなりのギャグテイストなので、ギャクマンガを読んでいるよう面白さがある。シリアスな場面でも、主人公がバグ技を使うことでコメディな作風になっていてハマっちゃう。ゲームの世界だからこそ、ヒロインと出会ってイベントが発生しちゃったりゲームらしいことが起こるのも魅力の一つ。

この世界がゲームだと俺だけが知っている

アルマーク ~北の剣、南の杖~

作者:やまだのぼる

URL:https://ncode.syosetu.com/n9407fu/

あらすじ

戦乱の絶えない北の大地で傭兵団の一員として生きてきた少年アルマークが、父との約束に従って平和な南の魔法学院に入学します。

長い旅の末にたどり着いた学院での生活は、今まで自分がいた世界とは全く異質なものでした。

そのあまりのギャップに、アルマークは戸惑うことばかり。

しかし失敗を重ねながら、仲間や先生の助けを借りて、徐々にその才能の片鱗を見せていきます。

コメント

 シンプルに傭兵の息子が魔法学校に入学して、魔法を学んで友達を作って成長していく。老若男女楽しめるファンタジー作品だと思っている。感情を揺さぶってくる心情描写に没入させてくれる世界観と商業作品のような完成度の高さにはびっくりする。

 傭兵だった主人公だは環境の違いで苦労するし知らないことばかりだ。でもその中で主人公の才能や心が徐々に成長していくところは感動してしまうし、傭兵としての強さにもワクワクする。

イケメンなあいつの陰に隠れ続けた俺が本当の幸せを掴み取るまで

作者:からすけ

URL:https://ncode.syosetu.com/n8201ew/

あらすじ

 俺は物語の主人公にはなり得ない。

 なんたって、俺の隣には完全無欠の主人公様がいるんだからな。

 どんな奴でも振り返ってしまうような金髪のイケメンフェイス。高身長で長い足。男にも女にも好かれるような明朗快活な性格。おまけに頭脳明晰で、魔法も剣技も超一流とくれば言うことねぇな。

 ちなみに俺はというと、中肉中背の黒髪フツメン。特技はあるけど特徴なし。卒アル見たときに「あー……なんかこういう奴もいたな」ってレベルの存在感。圧倒的な格差社会を感じる。くそが。

 神様ってのはもっと平等であるべきだと思うんだ、うん。

 そんな脇役人生を脱却しようと、クラスのマドンナに告白してみても撃沈。彼女どころか友達すらできない始末。その上、バカ主人公には振り回されっぱなし。

 だが、俺は諦めねぇぞ!いつかはあいつの呪縛から解き放たれて、輝かしい未来を掴んでや……って、なぜか魔王軍に入ることになったんですが?破滅の未来しか見えないんですが?ってか、魔族の世界でもぼっちなんですがぁぁぁ!?

 誰か俺を救ってくれぇぇぇぇ!!

コメント

 テンポがいいしコメディよりなラブコメだしで楽しく読めた。キャラに魅力があるのもでかい。特に義娘が可愛すぎる。サキュバスのヒロインも可愛いしラブコメなノリもおもしろい。

 完結もしてるオススメしやすいんだけど、正直主人公のノリは合う合わないあるかもしれない。ヒロインとの絡みが楽しいからそれまでは読んでみては欲しいけどね。

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで

暴食妃の剣

作者 猫子

URL:https://kakuyomu.jp/works/1177354054913513847

あらすじ

 貧しい者は真っ当な武器を持てず、命を懸けて戦おうとも、冒険者として大成することはできない。

 三流冒険者ディーンは、魔獣と戦うことよりも荷物運びや魔獣の解体などの補佐に徹する《運び屋》として貧しい生活を行っていた。

 あるときディーンは雇い主の男の判断ミスによって魔獣の群れに囲まれる羽目に陥ったばかりか、魔獣の気を引くための囮にされてしまう。

 しかし、偶然逃げ込んだ先で、膨大な力を秘めた暴食の悪魔の心臓を手に入れる。暴食の悪魔の心臓は、喰らった相手の力を奪う能力を秘めていた。

 ディーンは相手を喰らうことで無限に成長する暴食の魔剣を手に、一流の冒険者となることを志す。

コメント

 敵のスキルを喰って強くなっていく主人公って格好いいよね。特に魅力的なところは、一気に強くなっていくんじゃなくて徐々に強くなっていくところ。強くなれば、強い敵と戦ってまた強くなる。そして武器も強くなるように新調していくところハクスラ的面白さがある。

 チート級の強奪スキル扱う作品なんだけど、安易にオレTueeeな作品になってないところとか好き。そのおかげで敵が強く毎回、緊迫したバトルをするからハラハラドキドキして面白い。

暴食妃の剣

【Web版】麗子の風儀~悪役令嬢と呼ばれましたが、ただの貧乏娘です~

あらすじ

 私、九条院麗子は天涯孤独の貧乏娘である。2か月前に亡くなった祖母は我儘お嬢様で生活力なんて皆無。赤ん坊の私を押し付けた父親は九条院家を潰した挙句、未だに行方不明だ。そんな私を育ててくれたのは祖母の女中さんのフキさんである。フキさんのお陰で、私は生活力を身につけることができた。一方の祖母は気位がエベレストよりも高く、私を九条院家のお嬢様として相応しいように教育を施す。二間しかないオンボロな借家にピアノを置き私に厳しい指導をする。ダンスもマナーも語学も。祖母はヨーロッパに長くピアノ留学していたのだ。

 そんな私は特待生制度のある名門明聖学園の高等部に入学することになったが、入学式の日に後ろからタックルを受け、「悪役令嬢!」と桜田優里亜に罵られるのだ。彼女はどうやらこの世界が乙女ゲームの世界だと思い込んでいる模様。幼馴染たち(彼女曰く攻略対象とのこと)には私の事を警戒するように注意し、ヒロイン結城美羽と攻略対象である小鳥遊亮とくっつけようと奔走する。

 私はド貧乏でそんなことしている暇はないのに。そんな中、女中のフキさんの引き取られた先が攻略対象の小鳥遊亮の家だと判明。フキさんは小鳥遊亮の曾祖母に当たる。彼はフキさんをこき使ったと私をなじるが、私はもう一度フキさんに会いたい。そんな時、土砂災害によって家を失ってしまう。頑張れ私! 負けるな私! 

【Web版】麗子の風儀~悪役令嬢と呼ばれましたが、ただの貧乏娘です~

コメント

悪役令嬢っていうコンセプトだけど、他とは一味違って面白い。ラブコメディ(ラブ少なめ)な作風なところが男性読者でも読みやすい。

主人公の性格も面白おかしくて、特に転生者を認知症厨二病で片付けるのは斬新だわ。

麗子の風儀~悪役令嬢と呼ばれましたが、ただの貧乏娘です~

反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~

あらすじ

帝から鬼門を守る大役を任せられた御剣(みつるぎ)家。

その嫡男として生まれた御剣空(そら)は、十三歳をむかえた年、試しの儀にのぞんでいた。

御剣家に代々つたわる幻想一刀流を学ぶため、絶対に越えなければならない試練。

七人いる同期生は全員が合格した。残るは空ひとり。

父、弟、許婚、守り役である兄妹らが見守るなか、空の試しの儀がおごそかに開始された……

反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~

コメント

復讐系の中でもトップクラスの面白さ。主人公は格好いいし強くなっていく能力もツボを押さえてる。

それに詠唱がオサレで格好良過ぎる。

反逆のソウルイーター ~弱者は不要といわれて剣聖(父)に追放されました~

難攻不落の魔王城へようこそ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~

あらすじ

『人と魔族が争って勇者が魔王を討伐……』なんてのは遠い昔の話。

現代では冒険者も魔族も勇者も魔王も命を懸けない職業に過ぎない。

世界が平和になり、ダンジョン攻略がエンターテインメント化した時代。

冒険者も魔物も魔力で作られた分身を用いて戦う、誰も死なないダンジョン攻略が大人気に。

大陸中で攻略映像が配信されている中、僕の所属する勇者パーティは世界第四位の人気パーティだった……のだが。

パーティーメンバーは五人という規程があり、黒魔導士なんて不人気ジョブは三位以上に登りつめるには邪魔だと言われてしまう。

そうして無職になった僕は次のパーティーを探すがまったく見つからない。

ある日、そんな僕の前に金髪紅目の美女が現れて仕事があると言った。

かつての仲間よりも能力を高く評価してくれた美女に感激した僕は、詳しい内容を聞く前に面接を受け入れてしまう。

足を運ぶとそこは最深部到達パーティーゼロを誇る最高難度ダンジョン・魔王城で、四天王と魔王が僕を待っていた。

これは勇者パーティーを追い出された黒魔導士が、魔王軍に入り勇者たちを撃退する側に回る話。

難攻不落の魔王城へようこそ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~

コメント

少年ジャンプみたいな盛り上がる展開ばかりでワクワクする。追放モノだけど、追放モノの枠に収まりきらんオリジナリティがある。エンターテイメントだよ。

ヒーローとライバルが戦ったり共闘するのが好きならオススメ。

難攻不落の魔王城へようこそ~デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる~

デビダン! ~目指せダンジョンニート物語~

あらすじ

下級悪魔の主人公は、魔族養成学校【迷宮科】を卒業しダンジョンマスターの資格を得る。念願のダンジョンマスターとなった主人公だが、いきなりダンジョンにゴブリンが住み着いたり、DVサキュバスがやって来たりと、てんやわんやの毎日。そんな賑やかなダンジョンライフで彼は念願のダンジョンニートになれるのであろうか??

デビダン! ~目指せダンジョンニート物語~

コメント

サクサク物語が進んでいくから読んでいてダレない。ダンジョン経営の部分でワクワクするしコメディの部分で笑わせてくれるしバランスが良い。

古き良き暴力ヒロインなのもgood。

デビダン! ~目指せダンジョンニート物語~

盤上のピーセス

あらすじ

魔物の領域とやらで拾われた記憶喪失の少年、テルスは――ぼっちだった。

孤児院の子供達とも馴染めずに、一人木に登る日々。そんなある日、テルスは魔物を倒せばお金が手に入ることを知る。だが、それは普通の子供にはできないこと……のはずだった。

記憶を失くしても残っているものはある。これはこの世界の常識からちょっと外れた少年の物語。

盤上のピーセス

コメント

2章から始まる怒涛の展開にハラハラドキドキが止まらん。ずっと格上とのバトルばかりで苦しい...でもそれを乗り越えた時はカタルシスを感じる。

命を賭けて戦う主人公と相棒兼ヒロインとのやり取りも尊い。めちゃくちゃ好きな2人。

人間不信の冒険者達が世界を救うようです

あらすじ

【軽戦士ニック】はズボラな仲間のため金の管理や雑用をしていたが、

パーティーの金を盗んだという虚偽の疑いをかけられて追放され、

また恋人からも裏切られる。

落ちぶれたニックはヤケ酒を飲むため酒場に入り、

偶然相席となった3人の冒険者と、偶然同じ言葉を叫んだ。

「「「「人間なんて信用できるか!」」」」

話を聞けば、相席した【魔術師ティアーナ】、【竜戦士カラン】、

【神官ゼム】も、仲間や婚約者に裏切られた冒険者達だった。

意気投合した4人は「無理に相手を信用しなくて良い」、

「プライベートに干渉しない」という、アットホームとは程遠い

ドライなパーティーを結成する。

だがその結果、ニック達は風通しの良い人間関係と遠慮なく

実力を発揮できる環境を手に入れ、破竹の勢いで迷宮を攻略していく。

ついには信頼で結ばれたパーティーだけが使えるという

伝説の聖剣【絆の剣】を手に入れてしまい……?

人間不信の冒険者達が世界を救うようです

コメント

人間不信の冒険者達が絆の剣を使えるようになっていくところがワクワクするし面白い。それに絆の剣を使ってるのが格好いいんよ。そりゃあ吟遊詩人(アイドル)に歌われますわ

どんな魔剣があるのかも楽しみだわ〜

人間不信の冒険者達が世界を救うようです

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

あらすじ

「なぜ、こんなことに……?」

大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台(ギロチン)の上でつぶやく。

彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。

重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。

けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。

八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。

一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。

 豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。

 これは、やり直しの物語。

 それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。

 斜陽の帝国の未来を救うため?

 内戦により命を落とす多くの兵士のため?

 民衆を飢饉から救うため?

 否、彼女の目的はただ一つ。

「すべてはギロチンの運命を回避するために!」

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

コメント

ポンコツ主人公が可愛いし、勘違いが良い方向に進んでいくのが痛快。不幸な未来を変えるための行動が、主人公の成長にも繋がってて良い。

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

禁断師弟でブレイクスルー~勇者の息子が魔王の弟子で何が悪い~

あらすじ

「俺たちの時代と比べれば頼りない」、「それでも勇者の息子か?」、もうウンザリだった。

人類と魔王の戦いが終わり十数年後。世界を救った英雄である勇者一味の子たちは成長した。

その一人である『アース』は秀才であり、誰もが父の跡を継いで国を守る立派な戦士になることを期待したが、アースは常について回る父親の肩書に辟易としていた。

そんなある日、実家の屋敷に封印されていた、大魔王を打倒した父の剣を見たアースは衝撃を受ける。

そこには、成仏できずに現世に留まり続けていた大魔王の幽霊が居たからだ。

何故か大魔王の霊をアースしか見えず、さらに大魔王は剣からアースに取り憑いた。

四六時中、大魔王の霊と過ごすことになり、奇妙な共同生活を送るうちに、大魔王が気まぐれでアースに囁く。

「貴様の父には恨みがある。父や世間を見返したくば、余が貴様を鍛えてやろう。暇だしな」

アースは、親や世間を見返すためだけに大魔王の特別個人指導を受ける。

そして、来るべき日。勇者の両親が、かつての英雄たちが、初恋の人が、幼馴染の姫が、天才の同期たちが、そして世界が激震する。

禁断師弟でブレイクスルー~勇者の息子が魔王の弟子で何が悪い~

コメント

勇者の息子である主人公と魔王様のコンビがめちゃくちゃハマってる。転生チートとかじゃなく努力して強くなっていく過程が面白い。まあ魔王様がコーチなのは、ある意味チートやけど...

男なら2位じゃダメだよな。やっぱり1位目指さないと

禁断師弟でブレイクスルー~勇者の息子が魔王の弟子で何が悪い~

偽・聖剣物語 ~幼なじみの聖女を売ったら道連れにされた~

あらすじ

【勇者アリスターは、聖剣■■■■■■を扱い多くの人々を救った伝説の勇者である。そんな彼と常に共にあったのが、聖女マガリ。二人は底なしの優しさと慈愛の精神で、たとえ自分たちがどれほど危険な目に合おうとも困難や理不尽に苦しむ人々を救ってきた。この書は、史上最高の勇者と聖女と名高い二人の伝説を記したものである】

 『聖剣伝説』まえがきより抜粋。

 

 幼なじみのマガリが聖女に選ばれた。

 これから、王都で誰にも笑顔を振りまき、マナーとかダンスとか恐ろしく堅苦しい世界で生きていかなければならないらしい。

 生まれてからずっと一緒にいたんだ。やはり、思うところはある。

 俺は一抹の寂しさを感じつつ……何が何でも逃げ出そうとしていた幼なじみを羽交い絞めにして迎えに来た騎士に突き出した。

 「アリスタあああああああああああ!!」

 怨嗟の声が聞こえたけど気のせい気のせい。

 最後の悪あがきで王都まで見送りに付き合わされる……が、とくに何もなく無事終わる。

 「じゃあ、俺は帰るから。頑張ってな^^」

 恨みがましい目を向けてくる幼馴染に背を向けて帰路に着いた俺は……ゴブリンに追い掛け回されていた。

 「いやあああああ!! 誰か助けてえええええええええ!!」

 これは、性格が最低な勇者と聖女が全力で脚を引っ張り合いつつ幸せな生活を追い求める勘違い英雄伝説である。

偽・聖剣物語 ~幼なじみの聖女を売ったら道連れにされた~

コメント

主人公もヒロインも性格悪いって面白すぎ。それなのに主人公、ヒロインムーブしてるのおかしすぎだろw

裏のある2人の会話がめちゃ面白い。

偽・聖剣物語 ~幼なじみの聖女を売ったら道連れにされた~

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?

あらすじ

容姿端麗、文武両道。その上男気溢れる正義感で、誰もが憧れるこの世界の主人公・池春馬。

そんなわけで、池はたいそうモテる。アイドル級に可愛い幼馴染、全男子生徒の憧れである美人女教師。

そして、お約束の超絶可愛い妹。

その池には、周囲から浮きまくっている友木優児という友人がいた。

学校中から避けられている友木優児に対し、主人公の妹がなぜだか愛の告白をしてきたことにより、この物語は幕を開け――。

「友人キャラの俺がモテまくるわけがないだろ?」

……なかった。何故なら友木は友人キャラを拗らせていて、普通のラブコメにはならないからです。

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?

コメント

王道のラブコメディな感じが面白い。テンポよく話が進むのに、丁寧に心理描写してるからこの作品に引き込まれちゃう。

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?

迷宮クソたわけ

あらすじ

奴隷狩りに捉えられた少年は商人に買われ、冒険者の道を強要される。

冒険者適性が壊滅的になかった少年は仕方なく、誰でもなれる(そして一番死にやすい)魔法使いとして迷宮に挑むのだ。

迷宮クソたわけ

コメント

甘くない世界で奴隷の主人公が成り上がっていくのにワクワクしちゃう。慎重かつ試行錯誤しながらダンジョンを攻略してくのは、ゲームをしてるような面白さがあって好き。

迷宮クソたわけ

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~

あらすじ

平凡なニート長谷川亮は目を覚ましたら、現実そっくりな恋愛ゲームの世界にいた。

ゲームの世界から脱出するには、女たちを攻略するしかない。

与えられた能力「セーブ&ロード」と「アイテム」を駆使し、攻略に乗り出す長谷川。

だが、長谷川が巻き込まれたのは、危ない女たちを命がけで攻略するゲームだった!

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~

コメント

ブコメかと思ったらサスペンスみたいな面白さがあってびっくりした作品。一回読んだら続きが気になっちゃう。

アイテム、セーブ、ロードを駆使しながら、命がけのギャルゲーをクリアするってだけで面白い。

俺の現実は恋愛ゲーム?? ~かと思ったら命がけのゲームだった~

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

あらすじ

13歳になったソーンマルクス——愛称「ソーマ」は、かねてより憧れていた騎士養成学校《ロイヤルスクール》に通えることになった。入学式で行われるのは学生の天稟《アビリティ》(神の与えた才能)とスキルレベルの判定、それによるクラス分けだ。

王族も通う貴族のための「白騎《ホワイト》」

実力至上主義「蒼竜《ブルー》」

少女中心の「緋剣《スカーレット》」

美男美女の「黄槍《イエロー》」

地味ながら堅実な「碧盾《エメラルド》」

どれにも当てはまらない——つまり問題児の「黒鋼《ブラック》」

という6クラスが用意されている。

実はソーマには「日本」という国で暮らしていた、前世の記憶がある。ソーマは技能レベルを数値で確認できる希有な能力「試行錯誤《トライアル・アンド・エラー》」があり、技能レベルを上げまくっていた。

平民でも実力があれば入れるトップクラス「蒼竜」は、合計技能レベル「200」を越えていれば確実。

ソーマが念には念を入れて、上げまくったレベルはなんと、「1,012」。

今年のロイヤルスクールは沸いていた。3大公爵家の1つ「ラーゲンベルク」による技能レベル「300」超えを筆頭に、「200」台が10人と大豊作。すでに「栄光の世代」とまで囁かれていた。

そしてソーマの判定の番となる。

「次、学力試験首席、ソーンマルクス=レック——」

それはソーマの誤算だった。判定機は「4ケタ」のレベルを確認できない仕様だったのだ。

ソーマはレベルを上げすぎたせいで誤判定され、問題児クラス「黒鋼」へと放り込まれることになった。

だがそこでへこたれるソーマではない。天稟「試行錯誤」を武器に貴族偏重の学園の意識をどんどん変えていく——。

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

コメント

俺tueeeをコミカルな作風に仕上げてて、めちゃくちゃ笑える。主人公のレベルもバグってるけど、頭もバグってるわ。

クラスを1位にする為に頑張るところに、友情•努力•勝利があって面白い。

学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

やがて本当の英雄譚 ノーマルガチャしかないけど、それでも世界を救えますか?

あらすじ

志藤 健は、スマホゲーム「カオスディスティニー」のガチャで興奮しすぎて死んだ。

地球の歴史でも稀に見る死に方をしてしまった健は、神々のガチャによって異世界を救う使命を与えられてしまう。

だが健に与えられたのはカオスディスティニーの主人公「セイル」の体と……ノーマルガチャの能力だった。

魂の価値が低すぎてレアガチャの能力とか無理。

神様直々にそう断言されてしまった健……改めセイルは、異世界を救うべく今日もノーマルガチャを回す。

やがて本当の英雄譚 ノーマルガチャしかないけど、それでも世界を救えますか?

コメント

低ランクキャラを育てて強くするのが好きな人は、特にオススメ。低ランクのキャラにスポットが当たってはいるけど、低ランクでも異世界だとかなり強いのでストレスなく読める。

どんな高ランクキャラがいたのかとか妄想しちゃうぐらいハマっちゃう。

やがて本当の英雄譚 ノーマルガチャしかないけど、それでも世界を救えますか?

銃と魔法とポストアポカリプス。

あらすじ

 人と、その天敵の領域との境界線、開拓都市ヴァッヘン。

 ころころと人が死ぬ街に、今日も奴隷商が商品を運び込む。

 奴隷狩りにあったケイジもそんな風に運び込まれた奴隷だった。

 亜人を、変異生物を、暴走機械を相手に命を掛け金に戦い続ける開拓者と呼ばれるソレになる為に――。

 世界は救わない。

 伝説にもならない。

 そんな彼等の冒険譚。

銃と魔法とポストアポカリプス。

コメント

マフィアを題材にしたファンタジー作品だからこそ、軽快な罵詈雑言が似合ってるし格好良過ぎる。セリフを口に出して読みたくなる。

中指立てて言ってやるよ。最高だな。この作品は。

傭兵と小説家

あらすじ

「お前はアレだな、俺の想像以上に嫌な奴だな」

「貧弱な想像力が基準では説得力に欠ける意見だ」

蒸気機関の煙が街を覆う正暦1873年。勤め先を失った一人の傭兵に、とある小説家から依頼が舞い込む。

それは『地図に載らない山』への取材の護衛だった。

背に腹は代えられない傭兵と、それを消去法で選ぶしかなかった小説家。

罵り合いの絶えない二人の旅は、やがて国家を巻き込む謀略へと巻き込まれていく……

大陸横断鉄道が完成した高度成長の時代、しかし電気の灯りがまだ生まれていない薄暮の時代。

そんな19世紀アメリカに『何故か』似た世界の物語。

傭兵と小説家

コメント

なろう小説の中のとかそんなくくり抜きでも名作。まじでネタバレとか見ずに読んで欲しい。ワクワクも感動も含め全てが詰まった作品。

書籍版の厚みと値段は頭のおかしなレベル。お得なんてレベルじゃないわw

傭兵と小説家

陰の実力者になりたくて!【web版】

あらすじ

 どこにでもいる平凡な少年は、異世界で最高峰の魔剣士だった。

 彼の名はシド。

『陰の実力者』に憧れる転生者である。

 彼は実力を隠して学園に入学し、理想の『陰の実力者』になるため暗躍する。

 これは、おバカな夢を真面目に叶えようとする少年の物語。

陰の実力者になりたくて!【web版】

コメント

チートやハーレム要素があるのに、テンプレ作品とは一味違った面白さがある。陰の実力者になりたくてアレコレやっていたのに、主人公の知らないうちに陰の実力者になってしまっているコントみたいなとこにハマった。

バトルシーンもかっけーのがいいんすよ。

陰の実力者になりたくて!

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

あらすじ

男が乙女ゲー世界に転生!?

男爵家の三男として第二の人生を歩むことになった「リオン」だが、そこはまさかの知っている乙女ゲーの世界。

大地が空に浮かび、飛行船が空を行き交うファンタジー世界だった。

冒険者が存在し、何ともワクワクする異世界

だが、リオンは素直に楽しめない。

それは女尊男卑が凄い世界で、貴族の男は婚活に悪戦苦闘する世界だったからだ。

外道な自称モブ男主人公が暴れ回るゲーム系異世界ファンタジー

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

コメント

乙女ゲーの世界で恋愛モノかなって思ってたけど、ロボバトル小説でびっくりした。相棒のルクシオンとの会話が面白い。もちろんヒロインたちとのラブコメも面白いよ。

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

異修羅

あらすじ

地平の全てを恐怖させた世界の敵、“本物の魔王”を、何者かが倒した。

その一人の勇者は、未だ、その名も実在も知れぬままである。

恐怖の時代が終息した今、その一人を決める必要があった。

世界最大の都市――黄都を目指して、強者たちが集いつつある。

そこで勝ち進んだ一人が、『勇者であった』ことになる。

これより始まる新時代に、英雄の偶像を作り出すための大試合である。

二十五年の長きに渡り、魔王に苛まれてきた、遥か果ての現実。

一つの脅威を前に全種族が強さを求めた時代は、あるいは魔王以上の脅威を産んだ。

彼らが求めた物語が唐突に終わりを迎えた時、そこには闘争の場を求める修羅だけが残る。

異修羅

コメント

最強に最強をぶつけたらどうなるか?そんな妄想がここに小説としてあるんだよ。まじで壮絶な戦いを目撃できるってさいこーかよ。まじで面白いわ。

異修羅

異世界迷宮の最深部を目指そう

あらすじ

異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかける。

その後、彼は元の世界に帰還する為、迷宮の『最深部』を目指すことになる。世界に優遇された全てを利用し、才能ある仲間たちと共に、少年は『最深部』に向かって進み続ける。

――そして、迷宮にて待つ『理を盗むもの』たちの『試練』を乗り越えたとき、『貴方』が理無き世界の真実に辿りつく」

異世界迷宮の最深部を目指そう

コメント

異世界転生モノを読んでるつもりがヒューマンドラマを読んでた。登場人物たちの心情を丁寧に描いているので、感情移入しやすい。

ヤンデレなヒロインたちも魅力的だしオススメな作品。

異世界迷宮の最深部を目指そう

毒舌少女のために帰宅部辞めました

あらすじ

 帰宅部プロフェッショナルを自称する高校二年生の『榊木彗』は自由に使える放課後を日々謳歌していた。

 入部届も退部届も不要のホワイト部活、帰宅部。その一員であることに最大限の誇りを持つ彼は高2の秋、とある美女教師から任務を与えられた。

「問題児・日羽アリナの毒舌を治療せよ」

 幾多の男からの告白と求愛を踏みにじってきた容姿だけは100点満点のアリナ。

 ある日、【毒舌薔薇】という異名を持つ彼女を更生してほしいと彼は頼まれた。

 地上最強部活動・帰宅部の一員としては禁忌の行為である、放課後に学校に残ることを彼は迫られたが美女教師の依頼を断ることはできず、放課後は学校で時間を費やすことに。

 毒舌と暴力の権化のような美少女《日羽アリナ》

 冗談しか言わない帰宅部員《榊木彗》

 二人の狂ったスクールライフは罵倒とジョークでいつも混沌としている。

 しかし彼はまだ、彼女に隠された秘密と幻を知らなかった――。

毒舌少女のために帰宅部辞めました

コメント

ただのラブコメにあらず。勿論ラブコメ部分も面白いけど、ストーリー展開が秀逸。引き込まれてしまって1日で読み切ってしまった。

文章が小気味良いのでスッと読めちゃう。

毒舌少女のために帰宅部辞めました

ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ)

あらすじ

ドラゴンデーモンRPG……鬼のような難易度と理不尽極まるシステムでもって「マゾゲー」と愛されるタイトルである。

ゲーム実況者・いもでんぷんは、そのDX版を購入、実況動画を撮り始めるが

―――それが異世界における熾烈な最終戦争への介入であることを、気づいてもいない。

ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ)

コメント

変わった設定の小説だなって思い読み進めれば、泣いて感動しちゃうほどハマってました。読み終わったら余韻に浸っていたい作品。

ガッツリな戦記物にゲーム実況っていうスパイスが入ってすっごく面白い。

ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記

私の従僕

あらすじ

 俺は公爵家の奴隷に拾われた。捨て子だったらしい。

だから俺も奴隷。奴隷というのは働くのが普通で、むしろ働かない奴隷なんていない。

なので俺も働いた。休みなく働いた。しかし旦那様はお優しく、俺達のような奴隷にも『自由』な時間をくれるという。

他の奴隷が自由な時間を休憩に費やす中、俺はその時間で将来役に立つと言われた勉強をしていると、天使のような子供が現れて、こう聞いてきた。「あなたは誰?」と。だから答えた。

「私は従僕です」と。間違いだった。その天使は公爵家のご令嬢で、お貴族様で、悪戯好きで、くそ餓鬼で。

何故か気にいられてしまった俺は、そのお嬢様に連れられて王都の学園に行くことになった。

私の従僕

コメント

序盤は結構酷いことされているのに、主人公の性格のおかげで重苦しい雰囲気になってない。なんならコメディライクになってる。

なんで主人公は能天気なんやって思ってたけど、そんな設定があるのね!なるほどなーって思った。

私の従僕

異邦人、ダンジョンに潜る。

あらすじ

1946年七月。異世界の存在が確認される。

そこは、人類の新天地になるはずだった。

しかし、莫大なコスト面と、先遣隊の全滅、世論の反対により不可侵条約が結ばれる。

人類の目は宇宙に向けられた。

それから半世紀。

異世界のダンジョンに潜る為、ある企業が部隊を編成する。

五人のプロフェッショナルと三機の人工知能。それに予備の人員一名。

現代火器と技術により、冒険は簡単に行く予定だった。

だが異世界にたどり着けたのは、ポンコツ人工知能とノンプロフェッショナルな一名。

試行錯誤を繰り返して、彼らは生きる、食べる、戦う。そして、ダンジョンに潜る。

異邦人、ダンジョンに潜る。

コメント

コミカルな日常パートからは考えられない激しいバトルパートに驚く。主人公格好良すぎますわ。

すっごく心を揺さぶってくる作品。

異邦人、ダンジョンに潜る。

少年Z

あらすじ

 両親の居ない一軒屋で血の繋がらない美少女三人と同居する何処にでもいる普通の高校生、田辺京也。

 そんな彼の進路志望は引き篭もり。だって、世界にはゾンビが溢れているんだもの。

 ゾンビは人間のお肉に噛み付くのが大好きで、人間を見つけると全力疾走で抱きついちゃう。

 扉や窓もなんのその。鋼鉄のバリケードだって、歪んで壊れるまで叩いちゃうぞ♪ 愛が、重い。

 ゾンビと美少女と少年の織りなすドタバタのラブコメディ。の、裏側の物語。

少年Z

コメント

なろう小説でゾンビ物だったら、間違いなくコレをオススメする。ゾンビ物の作品に限定しなくても傑作。ガチで面白い。

主人公とヒロインたちの歪な関係もよし。

関連記事

www.everyday-sunday.net

www.everyday-sunday.net